HOME > TAKEBEの家づくり > 基本姿勢

家づくりに対する基本姿勢

 私たちは「家は現場でつくるもの」と考えています。
「売る家」「買う家」ではなく、お客様に合わせて一棟ごとに職人が丁寧につくり上げていく、そんな家づくりの姿勢を大切にしています。そして「どんな家」を「どんなつくり方」で行うのかを、皆様とお話ししながら進めています。

 「どんな家」

 当社の創業は昭和21年で造材業・製材業からのスタートでした。
 それ故、木にこだわり木造住宅を主として北海道の気候風土に根ざし、北海道の歴史文化に立脚したデザイン性能機能を求め、道産材、国産材を主に使い、省エネルギーで暖かく開放感のある家をつくってきました。
 時を経るごとに地域の景観に溶け込み、家族の歴史を暖かく包み込んでいくような雰囲気のある家を理想としています。

 「どんなつくり方」

 木造住宅は長い歴史の中で培われてきた日本の大切な文化の根幹でもあります。
 伝統木造建築は「構造すなわち意匠」と言われるように構造的にもデザイン的にも洗練されつくされています。

 木造住宅の基幹技能者は昔も今も大工です。
 当社では熟練した棟梁の下で若い大工を育て「技術技能」を磨き、より質の高い家づくりに努めています。
 伝統的技能に習熟するということは様々な木造建築に対する対応力を高めることになります。

 当社では基礎及び木造軸組等、大切な構造部分の施工を自社の職人で賄う「直営生産方式」を採用しています。
 設計から施工管理まで一貫した責任の下で「直営生産方式」によって家づくりを進めていきます。
 (意を同じくする設計事務所とのコラボレーションも歓迎します)

 そして「現場キレイ運動」

 家を作る過程(現場)では、いろいろなものが出てきます。
 仮設物、端材、ゴミなどです。完成に致るまでの現場管理は、よいものつくる上で非常に大切です。
 当社では全ての現場で『現場キレイ』運動を推進中です。
 1日5回の清掃、現場にゴミ箱は置かないなど「整理、整頓、清掃、清潔、習慣、そして現場マナー」の『5S+1M運動』を徹底していきます。

 


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ