HOME > 会社情報 > 創業者のこと

創業1946年当時・・・・・

すでに六十年が過ぎました
oyako
武部豊次郎(父:写真右)と武部豊種(息子)

 

〜親子ではじめた造材と木工場〜

明治の終わり、石川県能登半島から豊次郎が北海道に渡り
野の沢(現在の岩見沢市宝水町)に入植。
戦前は農業と造材に従事し、戦後、豊種がニューギニア戦線より復員した後
親子で造材と木工場(三笠市萱野)でスタートした。

*

創業者の名刺
当時の「豊次郎」の名刺


役職名の記入がないといところに、
組織としての未成熟な部分と、自由な立場の雰囲気が読みとれます。
*
そして扱い品目が、
「建設業・ベニヤ板・製材・木炭生産・素材・フローリング・把薪」
建設業は単なる1分野にすぎず、
木炭やフローリングや薪などの業務内容が忍ばれ、
現在のユーザーの嗜好性と一致するというところが、
またおもしろいし、これからの方向性のヒントになってます。

*

2004年8月5日

当社会長宅で、お香を焚こうとマッチを出してもらったら、
なんと、武部木工場時代のマッチ。

建築木材一斉・武部木工場・武部建設工業所
三笠市萱野駅前 T312

とあります。
木工場とあわせて、すでに建設業にも進出していたのがわかります。
電話番号は、まだ3桁です。


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ