HOME > 古民家再生 > TAKEBEの民家再生事業

古材ギャラリーと古材

 当然ですが、古民家の再生には構造など基本となっている古材(ふるざいではなく、こざいと読みます)が欠かせません。歴史的産物ともいえる古材は有限なので、再生事業を安定的に継続するためには、あらかじめ在庫しておく必要がありました。当社では敷地内に「古材ギャラリー」を建て、良質な素材の確保に努めています。

 

古材ギャラリー

 この古材ギャラリーは、昭和30年代に建てられた農家の納屋(4間×7間)です。材料はエゾマツ、トドマツで決して良いものではありません。道路工事により解体されるところを。当社敷地内に移築増築し再生(4間×10間ー下屋1.5間×10間)しました。

1 2

3 4

 

古材について

「古材」という概念が一般的に確立している訳ではありません。当社でいう古材とはおおよそ次の様なものです。

1)おおむね戦前の建築物に使われていた木材。
2)広葉樹を主とした良材。
3)長材・大断面で今日ではあまり流通していないもの。
4)製材機械で量産されたものではなく一本一本マサカリで、はつり出され、手仕上げされたもの。

 当社では一本づつバラバラにして再利用するものから一棟丸ごと再生利用するもの、または一室あるいは梁組のみなど部分的利用のものまでたくさんの古材をストックしています。

古材ギャラリー内部


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ