HOME > 古民家再生 > 古民家再生

民家再生への道のり

家づくりへの思いから

当社が民家再生事業を行うようになったのは、次のような理由からです。

このようなことを、仕事のなかで日々感じながら、当社が進むべき方向を模索していたのは事実です。

目から鱗

 このような状況のなか、1997年5月に偶然、日本経済新聞誌上で日本民家再生リサイクル協会が設立される旨の短い囲み記事を見て感じるものがあり、その発足間もない協会に入会しました。(企業としては北海道の最初の会員でした)そして翌1998年に現在当社民家再生モデル住宅となっている古民家の建て替えのチャンスが訪れました。

 建て替え新築の打ち合わせに何回か訪ねるうちに、これから建てる新築の住宅よりも今ある古い住宅(大正初期築)の方が立派に見えてきたのです。

 新築後、他社に決っていた解体工事を無理を言って当社にやらせていただきました。手ばらし解体(機械併用)で解体して会社に持ち帰ることにしました。ただ、そのときはただもったいないという気持ちが強く、それを何に利用するかは決めていた訳ではありませんでした。

 そんな訳で解体当初、タカをくくって差し向けた若手大工は、当然のごとくその民家の伝統構法に手も足も出せずに意気消沈して帰って来ました。その後、当社の一番棟梁である佐藤洋悦棟梁(昭和10年生)に頼んで解体の指揮を取ってもらうことに。佐藤棟梁は岩手県藤沢町出身、若い時は徒弟制度の中で修行をし、生家も茅葺民家とのことでした。

一歩踏み出す

 結局、彼の存在があったが故に今に至る当社の民家再生事業の発展があったと言えます。伝統木構法による民家が現在あるために大工と言う職種がいかに大きな役割を担ってきたかを知る体験でもありました。そのような体験を通し、様々な人と仕事(民家)との出会いのなかで、「論より証拠」つまり貴重な経験を積み重ねることの大切さ、民家再生の意義を感じながら現在に至っている次第です。

以上のほかにも古材を新築住宅に部分的に利用した事例、古民家解体の実績が多数あります。


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ