HOME > 古民家再生 > 古民家再生

民家再生の意義と当社の活動

 民家は長いの歴史の中で名もなき庶民によって作り伝えられてきた「日本の住文化」のシンボルです。しかし、第二次世界大戦後の社会・経済の変化がもたらした生活様式の変貌により多くの民家が壊され捨て去られて来ています。

 古民家が解体される理由は「暗い、寒い、不便」です。しかし、民家が本来内包する豊かさは再生することによって蘇り、現代の私達に多くの大切な事柄を教えてくれるのです。

民家再生の意義

 まず第一に、伝統的木造建築の素晴らしさです。素晴らしさの根幹は伝統木構法にあります。「構造すなわち意匠」といわれ無駄をそぎ落としたシンプルで洗練された木造軸組架構の美しさとその力学的合理性は今、現代建築の中にこそ生かされるべきものです。

軸組 2

 第二に、民家に使われている古材(こざい)の再利用です。木材は本来乾燥する事によって強度を増し素材としてその安定性を発揮していきます。まだ充分使える古材をその樹齢以上に使いまわしていくことにより日本の山の木を循環させることにもつながります。また古材の利用は3R(リデュース・リユース・リサイクル)の思想とも一致しています。環境問題が世界的課題となっている現在、これらのことはきわめて今日的意義を有していると思います。更に、自然素材である木材が古びる事によって醸し出される独特の美しさは工業製品のあふれる現代においてこそ見直されるべきものと思います。

 第三には、このような古民家を解体・再生する大工の技の継承です。日本の伝統木造建築は世界最高のレベルであり、それを支え発展させてきた大工の技術体系もまた間違いなく世界最高のものと思います。戦後60数年の中で徒弟制度は崩壊し、素晴らしい大工の技は衰退してきました。古民家の解体・再生こそはこれらの技術を学ぶ大工の最も良い勉強の場であるのです。

 第四に、解体・再生に係わる事によりその家の歴史に触れる事になります。家の歴史は地域の歴史であり、その地方の文化をも改めて知るキッカケを作ってくれるのです。現代のグローバリズムの嵐の中で地域に根ざした家づくりの大切さを確認するよい機会を与えてくれるのです。

 第五に、古民家再生の過程では日本の住文化、日本人の伝統的な暮らし方の良さを改めて知ることにもなります。自然と調和し、四季折々の気候の変化を感じながら暮す日本人の精神風土の奥深さに触れることにより、現代を生きる私達の生活の方向性を見いだす一助となるのではないかと思うのです。

当社の活動

1

2

3


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ