HOME > 工事レポート > 2008年

Y邸新築工事(岩見沢市)

外壁150m/m断熱を主体とするQ値1.2の省エネ住宅

工事概要

touryou●敷地面積: 520.71m2(157.5坪)
●建築面積: 121.11m2(36.6坪)
●延床面積: 145.95m2(44.1坪)
●住宅床面積:124.11m2(37.5坪)
●工期:4月21日~10月25日
●棟梁:船田 慎人 

 当社の近隣に位置しているY邸。
断熱計画は、外壁は軸間100m/m+付加断熱50m/m、
基礎は外断熱の100m/m、屋根は285m/mとしています。
暖房熱源は電気ボイラーによるセントラルヒーティングで家全体を暖める計画です。
また、第1種換気として熱回収70%の熱交換換気システムを導入し、
Qpec計算による年間灯油消費量で計算すると900リットル満たない「省エネ住宅」となっています。

 外観-屋根は重みのあるものとし、外壁は鉄板(ボルトレスガルバ鋼板)を使用。
内観- 間口2間半ある広々としたリビングを中間に配置し、
動線がわかりやすい間取りになるようにしました。
構造材はとど松による集成材を使用していますが、
プレカット工法ではなく大工の手によって刻んでいます。

 一部柱にはタモの古材とニレの新材、玄関の上がり框にはエンジュの古材など
無垢の良質な木材をふんだんに利用しています。
特に真壁である和室には、床の間の床柱や床框に無垢材のカリン、
和室天井に秋田杉本柾目の仕上とし、既存再利用する建具や照明器具を取り付けることで、
雰囲気に違和感のない和風仕上げに仕上げていきます。


250φ以上ある6本のカラマツ丸太で構成するカーポートの風格も楽しみです。



同じ土地に生産している元農家・建て主さんの自信のとうきび

毎日来られる建て主さんと共に家作りをしていく住宅。
和気あいあいで楽しく作っていきます。



ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ