HOME > 工事レポート > 2009年

現場名 S家古民家解体工事(倶知安町)

100年前に建てた住宅と板蔵の解体

その2

 001 
休暇も取り、リフレッシュして取りかかるのは写真左側の蔵を解体していきます。
この建物は、母屋よりも古く今回の解体で最も古い建物です。


001 001

まずは、母屋と同じように外壁の板金からはがしていきます。


003 004

屋根の板金を剥ぐと、キレイに並べられた柾(まさ)が出てきました。


001 005

柾は幾重にもなって構成されているので、落とすと結構なボリュームです。
続いて屋根の垂木を取っていきます。


005 
外壁の下見板も剥がして、内側の壁と、構造のみになりました。
縦は柱で横に通っているのが通し貫です。


001 

ここからはそれぞれ分業です。バラしたときに組み直せるように、材料に番付をつける渡部棟梁

001 001

図面を見ながら寸法を測っていく吉野棟梁


001 001

内壁の板をくぎを丁寧に取っていく尾路(おじ)大工と山本大工

001 001


001 001

 

001 001

 

 

 

解体終了。定点観測で見るとだんだん無くなっていく様子が良くわかります。
ラストは、母屋の解体です。おたのしみに

 


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ