HOME > 工事レポート > 2009年

札幌福井Y邸改修工事

築30年の住宅を、性能向上リフォーム、
そして古材と古建具の再利用。(R住宅モデル事業)

完成レポート

 
ご夫婦と娘さん3人で、当社古材ギャラリーを訪れて来られ、とっておきの古建具や古民具を選んで行かれました。
以前の和室をフローリングでワンルーム化、繊細な格子の建具がうまく映えてます。

 
オーディオラックになった水屋タンス、押し入れの3枚引き戸も古建具再生です。

 
玄関を入ると広い土間、分厚いコンクリートに熱エネルギーを蓄熱させるというもの。
以前使っていたストーブも復活させて、
煙突は、改修前のたいせつハウスの例のペチカのものをタイルともそのまま利用しています。
奥のトイレの戸もサイズを調整して、再利用古建具です。
なかなかの選択眼です。


オーディオラックと対の水屋タンスが、玄関土間で下駄箱に変身です。
天板の桂材は、古い床板をリニューアルして、さらに味わい深いものに。


改修された窓。2階ベランダが撤去されて、採光が大変よくなったと奥さん。
奥のカウンターの下に蓄熱暖房機をセットして、
断熱改修後の暖房計画は、深夜電力で土間コン床暖とちくだん1台のみ。
あわせて、熱回収換気導入で、さらなる省エネ化を計りました。
爽やかな空気、やわらかい暖かさ。
とても快適と奥さんに喜ばれています。

 

 
キッチンは、使い勝手優先の完全オーダーの造作。収納も引き戸中心のこだわりぶりです。


お風呂と洗面脱衣は基本的に、広さも位置もそのままでリニューアル。
省エネ換気システム本体は、ここの天井に、乾燥室も兼ねてます。
床は、キッチンも含めて、コルクタイルで素足にやさしく。

 
2階階段室ホールは、1階土間から続くオープンな空間で、
書斎コーナーとして、カウンターと壁収納本棚をセット。
旦那さんは、バーにもなると半分本気、半分冗談。
2階各室入り口の建具は、娘さんのセレクトで、これまた古建具再利用。
奥にデッキ出入り口とクロゼットの入り口が見える。


南面の外壁についていた、たいせつハウスの典型的なベランダを撤去したので、
1階屋根の上に、5帖広さの多目的デッキスペース。

 
かわって外部は、一度はがした以前のサイディングをそのまま再利用。
ほとんど以前と印象は変わらない。
変わったのは、玄関アプローチの壁のイメージが、木質系に一挙に変身。


そのアプローチは、トヨエモンカラマツを主に、ポストも照明もオリジナル。
玄関ドアのみ、コストパフォーマンスから輸入パインに。

 


最後に、ご夫婦の間に挟まって、アンジェロも記念撮影です。
元気のいいアンジェロがおとなしくポーズです。

■  ■  ■

これだけ古建具と古民具を再利用したリフォームは、初めてでした。
当社の『老建築・蘇生術』の改修コンセプトをよく理解されて、
設計は、とてもスムーズに進みました。
なにより、ご夫婦の古いものに対する造詣の深さに、
敬意を表したいと思います。

解体廃棄処分を免れて、当社でストックされていた、
これらの柱や梁や建具や家具が、
ここY邸で、また引き継がれて、
さらに歴史を刻んでいくことを願って・・・

また、地球環境にほんの微力ながらも、
貢献できたという手応えを感じながら・・・

 





 


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ