大屋根中段面集成木造店舗

eat cafe「VISAGE」新築工事  


 在来合理化金物使用の木造大空間の展開

敷地面積 1523.99F(461.0坪)  



建築面積 231.66F(70.09坪)  



延床面積 228.42F(69.11坪)  



構造・階数 木造平家建  



在来軸組(中段面集成クレテック)  

 大工 三浦直樹・山本憲男  手元 渋谷充昭

              


工事レポート・その2 内部が仕上がって開店に至るまで


配置図

 

 札幌環状線と米里行啓通りとの交差点から1本はいった角地。
 環状線にいっぱい寄せて、後ろに駐車場をもってくる配置。
 環状線歩道からも、歩行者用アクセスのユニバーサルなアプローチが設定されています。
 春夏秋は、西日を浴びた気持ちの良い屋外の芝生スペースと木製デッキのスペースも用意されてます。
 高齢者から障害者、ペットまでみんなが三々五々集える、そんなレストランがコンセプトです。

平面図

ml

 家族が気軽に夕食を楽しめる、洋食居酒屋風のメニュー構成、ランチタイムもあり、味を重視したコーヒー、中国茶、インターネットの接続も自由で、憩いの仕事場にもなります。
 
 会議や集会等にも使える、10人から20人用のミーティングスペースもあります。

 

 

 いよいよ、内装の軽量間仕切りの
 鉄骨工事(LGS)がはじまりました。
 天井は、縦横にはしる梁上端でしあがります。
 

 

 

 南サイド、ミーティングスペースを見る。
 右は、ミーティングスペースから、
 逆に西側デッキ窓を見る。
 

 

 ディッシュアップカウンター、客席側。
 両サイドから。
 

  

 厨房、ディッシュアップカウンター側と
 奥のスペース。

 

 レジカウンター側から厨房を見る。
 

  


 
内部も仕上がってきました。
 ミーティングスペースの間仕切り。
 30センチ角格子棚は、奥さんのアイデア。
 合わせガラス部分があって、
 物を挟んで、インテリアに趣向を凝らせたいそうです。
 天井の岩綿吸音板も仕上がって、あとは、
 塗り壁仕上げと床ビニールシートを残すのみ。

 

 外壁窓周り柱方周りのタイル貼り。
 ローコストながら、いい感じになってきました。
 クラシック煉瓦風タイルを、目地を見せながら
 1枚1枚、貼ってくれてます。
 なかなかの技術のタイル職人さんです。

 

 内部も仕上がってきてます。
 厨房は、天井壁とも、水性塗料で、
 ほとんど、白の世界。
 巾木は、薄いピンクのタイル。
 床は、モルタルこて仕上げ。

 

 客席壁も、塗り壁コンパウンドで、
 白と自然木のシンプルで南欧風な仕上げ。

 

 中央吹き抜け部分、天井高、4m。
 天井仕上げは、やはり、コンパウンド。
 2段ビームの下に、効率を考え、
 エアコンをセット。
 左写真、打合せをする、現場担当の
 佐々木と電機担当の市原。

  

 ディッシュアップカウンター廻り、
 CH=3M、
 と、トイレ入り口廻り、
 CH=2.2M。

  

 厨房機器の搬入も完了、いつからでも、
 使用可能に。
 事務室の机も入りました。

 エスプレッソマシンも搬入。
 試飲しましたが、スターバックスより
 おいしかったです。
 赤いTシャツは、O夫人。

 

 外構が始まりました。
 「夢ランド」側から。

 

 急ピッチで行われる外構工事。
 真正面と環状線側、斜めから。


工事レポート・その1 地鎮祭から外部が仕上がるまで
工事レポート・その3 そして開店。


戻る