大屋根シリーズ no.2

札幌市菊水元町 K邸  

敷地面積 885.53F(267.53坪) 

建築面積 167.72F(50.74坪) 

延床面積 224.88F(67.93坪) 

構造・階数 木造二階建 2×6  

 「リプラン」no.52 掲載

  

    棟梁 岩本隆

 

 

 

 

 

 6寸勾配の東西に棟の通った大屋根、間口6間です。

ml

 

 

 

 玄関ポーチには、ヒーティングされた

 スロープもあります。

 

 

 

 

 玄関ポーチの屋根の上には、木製のバルコニーが

 のってます。

 

 

 

 

 玄関ポーチ、大きなカボチャが似合ってますね。

 

 

 

 基礎の外断熱、B3のスタイロフォーム100

 床下土間コンクリートの下も、断熱してます。

 

 

 

 床下の土間コンクリート。

 これで、1階床をしっかりと支えます。

 

 

 

 1階の床は、樹脂製のジャッキですべて支えられてます。

 木の乾燥収縮による不陸調整も可能です。

 

 

 

 2階の床合板敷きです。

 実付きの15.5ミリ厚さの4尺*8尺サイズです。

 

 

 

 屋根パネルは、ツーバイトエレブ。

 286ミリの厚さで断熱材が充填されます

 

 

 

 

 寝室前の南面したデッキバルコニー

 物干し場としても利用されます。

 

 

 

 

 居間の大戸。

 ハンガー戸で全開されると2メートル以上の開口です。

 

 

 

 仏間客間の大障子戸も、ハンガー戸で全開されると

 居間とホールと連続した、30帖ほどの大空間が可能です。

 法事に最適だそうです

 

 

 

 南面したデッキバルコニーの内側の寝室。

 日差しを抑えて、収納がいっぱい。

 

 

 三角勾配屋根の小屋裏スペースは、納戸として

 目一杯、利用されてます。

 収納棚もびっしりです。

戻る