古材を再利用したセカンドハウス

ニセコどんぐり荘新築工事  


古材の梁(4間.3間半)を井桁に組んだ小屋組は圧巻です。

そこから眺めるヒラフスキ-場、羊蹄山(蝦夷富士)は絶景そのものです。 

敷地面積 689.17u(208.52坪)  


建築面積 131.67u(39.83坪)  


延床面積 237.25u(71.77坪)  


構造・階数 木造2階建  


    

在来軸組  

設計   中村よしあき建築研究所

施工   武部建設(株) 

     大工〜佐藤洋悦、菅井徹、佐藤春男、地崎光則、船田慎人

                      担当 北島

                    
   棟梁 佐藤 洋悦  


工事レポート・その1---基礎工事から外部仕上まで


1階 平面図   2階 平面図 

  

 

 立面図

   
 着工前   

現場では根堀開始です 

  

当社の古材ギャラリ-にて使用する古材をえらびます

民家再生モデル住宅にて打ち合わせ

選ばれた古材は大工さんによって切り込まれます

   

 

  

現場ではコンクリ-ト工事が進みます

ステコン〜鉄筋組〜ベ-スコンクリ-ト打設 

 

羊蹄山

型枠.布コン打設  

  

 

          

 外構工事〜枕木使用

 

 

 

建て方 

   

 

 

大工さんの宿泊施設「ペンション・スノ-バ-ド」

お世話になっております

    いつも、おいしい食事有り難うございます。

 

古材の梁を組み上げます

工場で切り込んだのがピタッとはまります

 

古材の上に更に新材で小屋組がされます

 

 

後ろにスキ-場が見えます

2階から見た羊蹄山 

 

 

 

 

今日は猛吹雪、シ-トで養生

雪の合間に外壁下地合板を貼ります 

 

 

外壁面〜外断熱スタイロフォ-ム60m/mB-3

屋根面〜屋根断熱ウレタン150m/m 

 
木製サッシ(ノルド製)を取り付けウレタン充填

タイベックシ-トを貼りテ-プ処理し縦胴縁を取り付けます

大工さん(菅井さん、船田君)寒い中ご苦労さんです

 

天気状況を見て屋根の板金を葺きます

晴れの日が2〜3日続く事を天に祈ります

屋根工事を終えて2001年の仕事を終わります

又来年お会いしましょう、良いお年を・・・

 
2002年明けましておめでとうございます

年明けは外壁板貼りの仕事で始まりました

パイン羽目板18m/m+押え縁36角

塗装はオスモワンコ-トオンリ-(外部用)

 
外壁板貼り完了です

1/16

いよいよ内部造作です

壁の下地及び天井の下地からです

大工さんも外の仕事が完了し、一安心です

古材及び新材の小屋組は天井共表しになります

電気配線もなるべく目立たない様に施工します

電気屋さんは苦労します

給排水、暖房の配管です

設計図面通り施工されているかチェックします

設計の中村先生、いつもご苦労様です

若い船田君古材と格闘しています

右は佐藤棟梁が階段の制作中です

今回は杉材を使用したが棟梁曰く堅木より難しいとの事

慣れだと思いますが?

2階より着々と仕上がっています

2/15

 
床 杉板貼り(厚30m/m 幅180m/m)

針葉樹の柔らかい感触が得られます。

塗装及びワックスの選定に迷います、

生地仕上げも良し、

色付けるも良し、

構造用合板を使用した竿縁天井です

羊蹄山の頂上から雲がなくなるのは一冬に何日もありません

 
浴室の天井、壁に青森ヒバの羽目板が貼らさりました

天井に出てるダクトは24時間セントラル換気です

外では、タイルの下地モルタルを塗っています。

 

・その2----外部仕上げ〜内装工事〜完成まで

戻る