勾配無落雪屋根シリーズ  エコ

 

O邸新築工事  


 古材の部分使用を模索する・・・

敷地面積 330.58F(99.80坪)  



建築面積 129.89F(39.20坪)  



延床面積 196.18F(59.22坪)  



 第1種低層住居専用地域

構造・階数 木造2階建  



在来軸組(外断熱)  


                    
   棟梁 中堀音吉  


工事レポート・その3---内部仕上から完成まで


配置図・1階平面図

 

 間口10間の北側道路の土地です。
 左手前に、平家の母親棟を見てL型にスロープをアプローチすると、 奥の子世帯2階建てに、行きつきます。
 玄関は、ちょうど平家と2階建ての付け根にあり、木製引戸の玄関戸を開けてはいると、左に母親世帯、右に子世帯となってます。
 家族は、旦那さんのおかあさんと
 子供が3人(1番下の娘さんは、まだ小さい)の全部で6人家族です。
 
構造を見せるため外断熱と屋根断熱の断熱方法を採用しました。
 2階の床梁や小屋の梁組をどう見せるか、それに古材をどう絡ませる事ができるか、がテーマです。

   

2F平面図

 

 上の高校1年のお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんの部屋は、
 ちゃんとあります。
 小さい「すずちゃん」はお母さんといっしょに寝るから、
 部屋はまだ、いいのかな。

 

 

 そろそろ、内部の始まり。
 まず、設備関係の配管から。
 ボイラー廻り。
 外断熱の良さは、外壁廻りの埋め込みが自由なこと。

 

 給水給湯の配管は、架橋ポリパイプ。
 お湯、水の色分け。
 これも、基礎外断熱だから容易なことです。
 凍結の心配がなくなったからです。

  

 床材の杉板(30@)が入ってきました。
 わざわざ九州からの取り寄せです。

 

 大引きの上に、直に八込みます。
 感触がとてもいい。

 1階床が決まり、ユニットバスもセット完了。

 

 2階の杉板貼り。きれい。
 敷居との関係。

 

 1階から、床裏をみる。
 板目が、美しい。合板よりいいかな。

 

 1方、外部。
 捨てベニヤ、ラス貼りも終わり、
 付け柱、付け梁の状況。
 ベニヤの色がマッチして、もう完成してるみたい。

 

 付け柱、付け梁チリじゃくりもしっかりとって、仕上げモルタルのチリ際がきれいになります。
 ラスの補強も念入りに・・・
 この辺の気の入れ具合で、完成度が違ってきます。

 

 1回目の左官塗り直後。
 2人でちょうど1日仕事です。
 軽量プレミックス(工場で既調合)モルタルで
 上質で均質な仕上げが期待できます。

 

 延焼の防火がはずれる部分は、唐松15ミリ板張りです。
 この辺は、徹底したアナログ指向です。
 (計画と設計は、進化した「IT」指向。)
 職人魂が行き渡り、みんな気が抜けません。

 

 杉の階段も完了。
 階段途中から、まだ間仕切りがない、
 納戸・書斎・寝室天井を見上げる。

   

 2階天井は、91センチピッチの押縁の間を、
 コンパウンドでこて塗り仕上げ。


工事レポート・その1---基礎が出来上がって建方が始まるまで

工事レポート・その2---建方から外部が仕上がるまで

工事レポート・その4---ついに完成、そして、住まう。


戻る