勾配無落雪屋根シリーズ  エコ
古材の部分使用の様々な試み・・・

岩見沢O邸新築工事

第1種低層住居専用地域        
構造・階数 木造2階建        
在来軸組(外断熱)     

敷地面積 330.58F(99.80坪)
建築面積 129.89F(39.20坪)
延床面積 196.18F(59.22坪)
棟梁 中堀音吉   

工事レポート・その5---「住まう、その後」
2月1日、『リプラン』の取材日でした。



 配置・1階平面図

間口10間の北側道路の土地です。
 左手前に、平家の母親棟を見てL型にスロープをアプローチすると、 奥の子世帯2階建てに、行きつきます。
 玄関は、ちょうど平家と2階建ての付け根にあり、木製引戸の玄関戸を開けてはいると、左に母親世帯、右に子世帯となってます。
 家族は、旦那さんのおかあさんと
 子供が3人(1番下の娘さんは、まだ小さい)の全部で6人家族です。
 
構造を見せるため外断熱と屋根断熱の断熱方法を採用しました。
 2階の床梁や小屋の梁組をどう見せるか、それに古材をどう絡ませる事ができるか、がテーマです。


 2階平面図

8帖たたみの寝室、それと一体となった書斎と納戸。
実に機能的な西欧風動線の日本版です。
 上の高校1年のお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんの部屋は、ちゃんとあります。
 小さい「すずちゃん」はお母さんといっしょに寝るから、
 部屋はまだ、いいのかな。


●「住まう、その後」篇


取材が終わった夕景。
手前アプローチの
枕木のオリジナル照明。
奧、ポーチ表札を照らす
古材破材の照明。
豆球のやさしい控えめな明るさが逆に存在感を主張してます。



さらに引いた物置からのアングル。
ここにも
古材破材利用のオリジナル照明。
ホップステップジャンプ、連続性をもたせて・・・




  

古材破材利用の照明・床材杉板破材の表札インターホン・パイン破材のオリジナルポスト
2世帯分が、きれいに2組配置されてます。


 
外観取材風景、2時から始まりました。
この冬のさなかに、近隣住民は、何事か?と思ってたかも・・


 
玄関カウンター上の演出。
ネコヤナギの奧に、よく見ると福寿草?あれ?


お母さんがつくった造花でした。
全く本物っぽい、今度は本物が偽物に見えてきたりして・・・


 
家具も押さえ気味にごくふつうに納まってるのがいい。
と思いながら、古材の大黒柱に目をやるとそこには・・・


   
さすがこだわりのキッチンは、見事に使いこなされてる様子がありあり。
奥さんも余裕で、「どこでもあけてみてください。」



リプラン取材陣。
左から、凄腕カメラマン戸田さん・美人ディレクター西浦さん・そして当社営業担当の芝垣さん。


  
洗面ユーティリティも納まるべきところに納まる物がどんぴしゃり。
良い生活状況が自然とイメージされます。


   
2階ホールの
古材を中心としたの生活風景。
ロフトも上にあがると物でびっしり。


 
階段廻りの本棚とホールの本棚。



寝室から納戸書斎の入口を見る。
徐々にではあるけど、使いこなしてる風。


  
引き渡し前の書斎と、いい感じに使われてる現在。


  
その本棚は・・・

 

 
ベースギター・カメラ・釣り、やっぱり良い趣味の人は、
良いセンスで住まってます。



寝室の納戸の様子。


 

 
そこかしこにあるおまけグッズ



新築祝いにあげた
すずちゃん用のキッドチェアー




●「引渡し直前内部・11月29日」篇
●「四季折々の外部」篇     
に続く

工事レポート・その1---基礎が出来上がって建方が始まるまで

工事レポート・その2---建方から外部が仕上がるまで

工事レポート・その3---内部仕上から完成まで

戻る