旧滝川畜産試験場機械庫、
復活の物語

プロローグは、北海道建設新聞の名コラム、
『透視図』
(2001年7月27日・28日付)から。

 ▼三笠の武部建設(武部豊樹社長)が今、旧道立滝川畜産試験場に残った建物を解体している。以前同社の民家再生の取り組みついて取り上げたが、今度は機械庫だ。道から購入するに至り、こうするのだという。トラスや柱、はりを再利用し、元の姿に復元させる。そして、むろん、新しい命を吹き込むという。砂川の農業者が自立経営の道を考えている。その拠点施設にする話が待つそうだ。
 ▼その機械庫は木造、平屋一部二階、延べ約480F。規模は月並みだが、旧滝川畜産試験場が農商務省滝川種羊場だった時代、1921年に建てられた。北欧建築を取り込みつつ、入母屋風。北海道開拓の村にレプリカ(1985年再現)がある‥。要するに歴史的価値あるものだ。それが一企業に渡るに至ったことにはいきさつがある。ちょっとした変化に基づく。そして今後に期待したこと、問うものを見せる。明日も続けて書くが、語るものが少なくない。
 ▼8月1日、こんな道の入札が行われる。畜産試験場畜舎等解体-実は機械庫もそこに含まれ、姿を消すはずだった。つくる-壊すという従来システムに組み込まれた。しかし、最後は道の判断に生き残ることになった。武部建設が歴史的価値や保存・再利用の価値を説くと、庁内に理解が広がったという。最上層にも話が届くことになり、そして廃棄ストップの結論が出てきた。従来の行政なら、こう進んだろうか。行政は従来感覚だけでなくなってきている。まず、そのことが大きなことと思えるのだ。(7月27日)


 旧滝川畜産試験場機械庫の保存復元と再利用-昨日の話を続ける。武部建設(三笠、武部豊樹社長)が訴え、それに道が反応し、姿を消すことが救われたわけだが、第二にこんなことが大きい。道は解体にストップをかけただけでなく、もう一つ判断する。踏み込んで、保存や再利用を無視しないシステムづくり検討へ動くと聞く。機械庫が特例でなく、先例になることを考えてみようというのだ。
 ▼行政の中に保存や再利用がきちんと位置づけられる。つくる-壊すという従来システムだけでなくなる。それは公共工事を変える。そうなるかもしれない始まりとしても、機械庫の一件は大きい。つくるー壊す、に公共工事は批判を受ける。税の使い方で問題にされる。思うに、つくったものにこだわることは公共工事を豊かにし、従来以上に北海道を豊かにする。評価される公共工事へ道を開く。一企業が動き、道が動いた。建設業は受け身でいられないことの具体例としても、このことは大きい。
 ▼北海道は次世代に何を残せるか。遺産の価値に目覚め、かけがえのない北海道を守り育て、確実に後世に伝えたいー。道は、これからの北海道づくりに「北海道遺産」を掲げる。なのに、道自ら管理する物を壊すところだった。「北海道遺産」を真に押し進める上で、大事な教訓となるだろう。このことでもまた、機械庫の一件は大きい。旧滝川畜産試験場機械庫は北海道開拓の村にレプリカがあるが、道は本物の存在を重視した。道行政の今後も本物に、の期待を込めて書く。(7月28日)




『解体やめ古材再利用・産廃減量のモデルに』
道新2001年8月3日付

『施設売却か廃棄前提・仕組みづくりが急務』
道新2001年8月19日付 波動から


等、新聞見出しにもあるように、マスコミもにぎわしてきました。


第3章

12月12日、
砂川、三谷果樹園「リンゴの森」で打合せ。
イメージをどうすりあわせていくか。


 
三笠インターから20分、奈井江砂川インターで降りる。
いろいろ言われてはおりますが、
北海道に高速道路は、必需品。
これがフリーウエー並だと、もっと経済は活性化するだろうな、と思いながら・・
ソメスサドルの看板がある、道道砂川奈井江美唄線の交差点を、
右に曲がります。


 
最初の信号のところのローソンを左にみながら、
しばらく走って、2つ目の信号の角に
「リンゴの森」の看板があります。
そこを右折して、



高速道路の手前、小さいけどまた
「リンゴの森」で左折。


 
坂を上りきるあたりに、この看板があります。
ここがそうですが、実はここは三谷さんの両親のいるところで、
建設地は、上隣の三谷さんの自宅のヨコです。


 
すぐ東ヨコは高速道路、西反対方向にピンネシリが見えます。
ロケーションは、最高とみました。


 
自宅の入口にも、
「リンゴの森」
道路際は、白樺の並木。

   
自宅です。


  
これは、自宅ヨコのログ。
お父さんが、砂川森林組合長で間伐材利用です。
小径木だけど、なかなかいいです。
関連サイト:ニュース&トピックス「山、林業を考える」



自宅の玄関先が、もう
「リンゴの森」。
南面が自宅側、東側に道路、西面にご覧のリンゴの森が、
さらに遠くにピンネシリが見えます。
そして北面と東道路側が白樺並木です。



まずは、いろいろ配置を検討する。
広そうで、いざ建てるとなると、狭いですね。

事業内容や用途を考え、ロケーションを見ながら、かなり慎重を期して・・・


 
中心的事業メンバーになる予定の三谷さん夫妻。
元気でかわいい娘さんたちが、3人います。


当然、
直売比率を限りなく
100%に近づけて、経営を安定化させたい、と考えます。

取れたての
リンゴジュースの販売とか
お兄さんがケーキ職人で、
アップルパイアップルティーの話とか、
最盛期には、15組くらい来るオーナーの人たちの
昼食スペース喫茶コーナーとか、
話はいろいろ広がりを見せて、
とにかく三谷さんは、
コンセプトをしっかり詰めるということで、
そして当社は、年が明けて早々までに、
なにも手を加えない原型のままでの建設費の概算を、まずは出してみようというこで、
今回の打合せは、終了しました。


 
帰り際、おみやげにおいしそうなリンゴ(ほくと)を1箱もいただいてきました。
事務所の職員で分けさせてもらいました。
どうも、ありがとうございました。



第1・2章へ

第4章以降
また、随時経過を報告していきますので、よろしくお願いします。