中富良野ラベンダーの丘

B.J.club(Yコテージ)新築工事

十勝岳を一望しながら・・
 愛犬をつれて宿泊できるペンション。


建築面積117.59F(35.50坪)

延床面積169.76F(51.36坪)

(1階117.59F・2階52.17F・デッキ13.24F)


工期6月1日〜9月25日 


棟梁:菅井 徹 

● 計画概要


案内図

当社から道道・岩見沢桂沢線で桂沢湖を抜け、途中案内板に従って右に折れて富良野へ。
ここまで、およそ30〜40分。
そこからトンネルを2つ抜けると上記の図にあるように国道38号線に出ます。
右に曲がってラベンダー大橋を渡るとすぐに左に戻るようにまがる。
ここは案内板はあるけど行き先が未記入です。

でもこの道が中富良野に抜ける道です。
山を抜けるとワイン工場を遠く右に見ながら信号機のある交差点に来ます。
左に曲がると『自然舎』は、左の山間にすぐに見えてきます。
『自然舎』からさらにライスセンターの建物を目指していくと、
あとは工事現場の案内板に従っていけば『Yコテージ』の丘に到着します。




1階平面図

奧行き3.5間、間口3間*3戸に、奧行き1.5間*間口2.65間の洗濯・物置のスペースが付いた住宅兼コテージです。
左と真ん中が宿泊用、右が管理棟兼食堂です。
フロント玄関は、木製デッキテラスを通って南東角です。
各戸にもそれぞれ犬の足洗い場をはさんで玄関があります。

あとは、浴室に簡単なキッチンです。



2階平面図

2階は、宿泊のためのスペース。
吹き抜けをもうけてロフトっぽく計画されてます。


●レポート・その2


ペンションの名前決定!
『B.J.club』です。B.Jは、BEST JOY だとのこと。
道ばたにかかった看板が
GOOD!

 8月5日・着工から2ヶ月、上棟しました。


 

十勝岳側、つまりロフトの窓側、両サイドから。



断熱屋根パネルがのったところ。


 
吹き抜け、ロフトの関係。


10月3日・そして、遅れながらも引渡。




客室棟2棟の玄関がある正面全景。


 
こちらは、管理棟玄関兼フロントのある東側。
このウッドデッキからコーヒーや食事をとりながら、十勝岳が一望出来る。


 
西側から敷地山手側からラベンダーが広がる北側を見る。
そして、ラベンダーを周遊する遊歩道から見た全景。


 
西側からの正面と客室棟の玄関、中央はワンちゃんたちの足洗い場。


 
管理棟と客室棟のパインカウンターのそれぞれのキッチン。
床は、ツーバイテン材。
壁は、コンパウンド塗壁。


  
オーナーがデザインしたバスルーム入口ドア。
そして、カラマツ合板素地と腰タイルの内部。


 
これまた床をツーバイテン材で仕上げた管理棟ロフト。
なかなかコストパフォーマンスいい。
壁・天井もオーナー自ら施工したコンパウンド。
率直で良いできあがりです。




その1へ

その3・コテージ開業へ



関連サイト
www.tkb2000.co.jp/bunka/machi/ryokouki/dounai%20/nakahurano/rabenda.htm

工事レポート一覧に戻る


HOME