中富良野ラベンダーの丘

B.J.club(Yコテージ)新築工事

十勝岳を一望しながら・・
 愛犬をつれて宿泊できるペンション。


建築面積117.59F(35.50坪)

延床面積169.76F(51.36坪)

(1階117.59F・2階52.17F・デッキ13.24F)


工期6月1日〜9月25日 


棟梁:菅井 徹 

● 計画概要


案内図

当社から道道・岩見沢桂沢線で桂沢湖を抜け、途中案内板に従って右に折れて富良野へ。
ここまで、およそ30〜40分。
そこからトンネルを2つ抜けると上記の図にあるように国道38号線に出ます。
右に曲がってラベンダー大橋を渡るとすぐに左に戻るようにまがる。
ここは案内板はあるけど行き先が未記入です。

でもこの道が中富良野に抜ける道です。
山を抜けるとワイン工場を遠く右に見ながら信号機のある交差点に来ます。
左に曲がると『自然舎』は、左の山間にすぐに見えてきます。
『自然舎』からさらにライスセンターの建物を目指していくと、
あとは工事現場の案内板に従っていけば『Yコテージ』の丘に到着します。




1階平面図

奧行き3.5間、間口3間*3戸に、奧行き1.5間*間口2.65間の洗濯・物置のスペースが付いた住宅兼コテージです。
左と真ん中が宿泊用、右が管理棟兼食堂です。
フロント玄関は、木製デッキテラスを通って南東角です。
各戸にもそれぞれ犬の足洗い場をはさんで玄関があります。

あとは、浴室に簡単なキッチンです。



2階平面図

2階は、宿泊のためのスペース。
吹き抜けをもうけてロフトっぽく計画されてます。


●レポート3・コテージ宿泊準備完了


『B.J.club』
B.Jは、BEST JOY とのこと。
道ばたにかかった看板が
GOOD!

 12月24日・クリスマスイブの日訪問



10月3日撮影の管理棟エントランスデッキ。
ここから見る十勝岳は、絶景です。


 
そこから中にはいると、
今回追加工事したタイル貼り部分の玄関。


 
そして、浴室の床タイル。
オーナーが選んだ200角の黄色がとても映えて、
全体のグレードが一挙にアップしました。
右は、蒲鉾状のシャワーの水止め。
これまた、オーナーのグッドアイデア。


 
管理棟食堂の壁の演出。
オーナー作のタピストリー、お菓子が散りばめられています。


 
オープンな階段の演出。
絵になってるね。


 
外は、木々の宝庫。
いろんな物ができあがります。


 
これは、ニングルテラスの友人が作ってくれたもの。
プロですねえ。





一方、(10月3日撮影)コテージ玄関から入ると・・・。


 
こちらも玄関は、タイルに。
ウェアーやスキー・ボードが置けるようになっていて、
床暖房で乾きも早い。


 
コテージ水回りもタイル貼りに。
ここは、オレンジ色に。


 
食器や調理道具がそろったキッチン廻り。



そしてロフト、ベッドが三つ。
ここから見る富良野の夜景と、
満天の星空が紹介できないのが残念です。




予約問い合わせは、
「B・Jクラブ」山本さんまで。
TEL./ FAX.0167-44-4414



その1へ

その2へ



関連サイト
www.tkb2000.co.jp/bunka/machi/ryokouki/dounai%20/nakahurano/rabenda.htm

工事レポート一覧に戻る


HOME