栗沢サングリーンタウン・4棟目

栗沢S邸

老夫婦のバリアーフリーの家


敷地面積218.46u(66.09坪)

建築面積: 74.11u(22.42坪)

延床面積 74.11u(22.42坪)

(住宅70.80u/21.42坪・食品庫3.31u/1.0坪)


工期2002年10月15日〜2003年4月25日 


棟梁:佐藤洋悦&船田慎人  

● 計画概要



配置図・1階平面図

かなりのご高齢の老夫婦のための平屋の家です。
今回息子さんの隣の引っ越してくることになりました。

玄関までは、ヒーティングの入った階段と、
勾配の緩いスロープとのどちらでもアプローチ可能な、ユニバーサルデザインです。
旦那さんは、杖を使っての歩行で、
やはり家の中は行動範囲に沿ってできる限り手すりをつけることになってます。
寝室に隣接したトイレも広く手すりを廻し、
背の大きな旦那さんに合わせた足の伸ばせる大きな浴槽と、
洗い場の広い1.25坪のユニットバスで、3枚引き戸のバリアーフリータイプです。
断熱された外付け広めの食品庫、広めの納戸と収納も充実してます。

●完成レポート・4月竣工引渡


左に息子さんの家、板張りの外壁の渡り廊下でつながってます。
アプローチは、ロードヒーティングの階段と、
ゆったりとした折り返しスロープの2種類。
当社の木製物置が右端に見えます。


 
左右からみるアプローチの状況。


●レポート・その1


 着工前から基礎まで


 
濃い緑の外壁の2階建てスウェーデンハウスは、隣の息子さんの家。
3人の娘さんのいる5人家族です。
左写真奥右手は、当社「スーパーボックス」が2棟並んで建ってます。



T邸に引き続き現場を担当する佐藤祐子(機械を除いてる女性です)。


 
基礎断熱で基礎ごと温めます。
床断熱の食品庫は、その基礎に外付けして断熱を区画し、冬季の保冷をする。



基礎打設完了全景。


 11月23〜29日・建て方外部仕上げ進行中


 
隣の息子さんの家との関係。


 
外壁下防風シート「タイベック」張り終えたところ。
奥(
印)にT邸(2002年7月竣工)が見える。
右写真はそのアップ。


 
屋根板金工事も完了間近。
後はサイディング工事を残すのみ。



 
内部の骨組みの状態。
グリーンのポリエチレンシートを先貼りして、気密工事にそなえてます。




工事レポート一覧に戻る