『スーパーボックス・エコ』8棟目

岩見沢T邸

道産カラマツの大黒柱が、吹抜空間を貫く・・


敷地面積361.10u(109.25坪)

建築面積119.13u( 36.04坪)

延床面積172.92u( 52.95坪)

(1階77.12u・2階67.65u・カーポート28.15u)


工期4月8日〜8月30日 


棟梁:吉野 敏夫  

● 計画概要



配置図・1階平面図
家族は、若夫婦に幼い女の子が1人。
日当たりを考慮して敷地に対して45°西に振るという提案が受け入れられました。
奥行きのある敷地なので、前面道路側に2台分のカーポート物置、
その間を抜けるようにスロープのアプローチ。
灯油タンク置き場も自転車置き場併せて屋根をかけてます。
4間x5.5間の『Super Box』エコに保冷食品庫を外付けし、
玄関ポーチの上は、寝室のバルコニーになってます。
メインフレームの骨組みは、
ほぼ中央になる階段角の道産カラマツ8寸角の大黒柱が、
象徴的に突き抜けて2階床と屋根の荷重を支えるという構造です。






2階平面図
やはりカラマツ大黒柱の階段を中心に、4部屋あります。
ホールは、吹抜の大窓から日差しを期待して、冬の物干しスペースにもなるようにしてます。
あとは、寝室、2つの子供部屋、納戸です。
これを重要度の順に、渦巻き状に動線で対応してます。
収納はこれだけあれば、たっぷりだと思われます。



●レポート・その2


 6月19日・土台敷き込み/建て方


 
大工が現場にやってきた。
まず、土台の敷き込み。


 


1階床合板24_を敷き終えたところ。
合板は、今回コストパフォーマンスもいい、カラマツですべて統一です。


 6月20日・そして建て方


 
クレーンを使って建て方開始。
大工は、棟梁吉野・渡部・佐藤(春)の3人体制。


  
通し柱は4寸角、手前サブの大黒柱5寸角。
金物は、今回もクレテック。



出番を待つカラマツ大黒柱8寸角。


 6月27日・屋根までいきました。


 
アプローチからの様子と玄関入口。


 
住宅棟は、敷地に対して45°に振れてます。
それで屋根の角が北側斜線に対して微妙なため、
デザインも考慮して、斜めにカットしました。


 
勾配は野地垂木で200分の1とってあります。
屋根パネルから壁まで、タイベックですっぽり。


 
4間x5.5間のスーパーボックスの中央を突き抜けるカラマツの大黒柱。
床合板から壁の合板そして大黒柱に至るまで、道産カラマツづくし。
外壁にも使います。



屋根断熱パネル部分、細繊維グラスウールが280_の厚さで充填されます。


 8月10日・内部仕上げも佳境。


久しぶりのレポート。

 
いよいよ、完成間近。
玄関ホールののれんの掛かる
8角柱が建ちました。
フローリング貼りの結果です。
そして、カラマツづくしの決め手、階段の完成とカラマツ大黒柱。



さて、大工さんの紹介です。
2階で収納の棚の造作に懸命な大工、渡部吉生


 
一方、1階で床フローリング貼りに懸命な大工、山本憲男





レポート・その1へ戻る

レポート・その3/完成へ

工事レポート一覧に戻る