岩見沢市   C邸
オーナーは若き陶芸家です
個性ある建築家による・・・檜の大黒柱とRの屋根が特徴的な在来木造住宅

設計 TAC一級建築士事務所 担当 宮房氏

施工 武部建設株式会社       担当 北島


敷地面積155.21F(47.00坪) 
    
建築面積: 78.30F(24.20坪)     
延床面積: 141.12F(43.60坪) 

   ▼工期平成14年4月〜平成14年8月    

棟梁:中堀 音吉   

              大工: 地崎光則. 佐藤 実.  


着工 から 外部完了まで
 

 

南側と北側の立面図

南面にウッドテラスがつきます

 

 

 

4/12 いよいよ地鎮祭です

オーナーの鍬入れの手にも力がこもります

 

 

現場では鉄筋が組み上がります

一方、作業場には木曾より檜の大黒柱と羽目板が

入荷し、オーナー立ち会いのもと荷下ろしされます

 

 

骨組みが立ち上がります
 

 

Rの屋根に野地板を張ります
 

 

その仕掛けは、2*12(38*286)の上に構造用合板12.5ミリを張り

その又上にタイベックシートとR面を造る為の調整パッキン(母屋?)

を敷き、垂木をのせ野地板を敷きます。

軒先は、通気を確保する為合板の一部をカットします

2*12を下から見上げたところとクレテック金物で梁を架け、

先張りシートを張ったところです

外壁の下地もほぼ完了です

上部はガルバリュウム鋼板

下部はカラーモルタルの櫛引き仕上げです

 

 

上棟祭の模様です

立派な棟札です、しばし中堀棟梁と武部社長の記念撮影

 

 

     記

大黒柱 木曽ひのき(五米十糎)

産地  長野県木曽群王滝村国有林

原木選別贈主 大畑和弥(大桑村)

原木加工 杉本建設(上松町)

(時価)酒一升(上選)一八四0円

    米十kg(富山コシヒカリ)四三00円

         平成十四年六月吉日 建立

施主一家   〇〇〇〇   〇〇才

       〇〇〇〇〇  〇〇才            

       〇〇〇〇   〇〇才

       〇〇〇〇〇  〇〇才

       〇〇〇〇   〇〇才

           (北川 聰 記)

 

 

儀式

上の記録を大黒柱の上に五円、五十円、五百円

硬貨と共に載せ蓋をします

 

 

外壁板金部分の施工
 

 

ライトモルタルに着色剤マインの焦げ茶を入れ

櫛引きで仕上げます

その2へ


工事レポート一覧に戻る