(仮)栗山ホテル改築工事

写真館からホテルへ


設計:(株)佐野契建築設計事務所
 (東京・渋谷)

鉄骨造二階建

敷地面積605.01F(183.01坪)

建築面積211.48F(63.97坪)

延床面積397.59F(120.27坪)


個性ある建築設計事務所との協同。


1.

解体前既存写真館と工事安全祈願祭


 
前面道路北側と南側から。



8月20日、
工事安全祈願祭が、関係者列席の中既存建物の中で、行われました。


解体完了、メインフレームの鉄骨だけとなる。


 
基礎とメイン鉄骨フレームを残し、あとは全て新しくなります。

11月15日、2回目の定例打合せ。



外部足場で被われました。


 
Y1通り側増築新旧の取り合わせ。



Y5a通り部は、建て方がまだ。


 
取り合いは、全て現場溶接。
溶接工の腕が問われます。
今回の鉄骨工事は、新十津川の「渡辺鉄工所」
今や施工図を広げるわけでなく、ノートパソコンをそのまま持ち込んで、
細かい取り合い部分の寸法のチェックをしながら、現場溶接です。
まさに『スコップからマウスまで』


11月22日、鉄骨建て方進む。


 
Y5a通り部の新設部分も立ち上がる。
ここのコーナーにカーテンウォールが付きます。
全体像のスケールが、何となくイメージ出来てきてきました。
雪が降り積もる前に、屋根を早く架けたいところですよね。



階段も付く。


11月28日、野地合板張り。


 
鉄骨は、ほぼ建て方を完了し、2階床ALCも完了、
屋根野地板張り中。


 
下からと上の作業中。


 
南面浴室廻り、コンクリート腰壁を残す。



2階北コーナーカーテンウォール部分。




2.

工事レポート一覧に戻る


Home