(仮)栗山ホテル改築工事

写真館からホテルへ


設計:(株)佐野契建築設計事務所
 (東京・渋谷)

鉄骨造二階建

敷地面積605.01F(183.01坪)

建築面積211.48F(63.97坪)

延床面積397.59F(120.27坪)


個性ある建築設計事務所との協同。


2.

 12月15日



今年の北海道の雪は、積雪がとても少ない。
栗山は、岩見沢から比べるとさらに少ない。



工事表示看板。


  
屋根ガルバリューム鋼板70%くらい完了。



2階見上げ野地裏面。


  
樹脂サッシ取付用の木枠付く。


 
浴室腰コンクリートも打設完了。
ここに8.6M全開口の大物サッシがつきます。


 
そして、難度の高い納まりが随所にある施工図の承認も着々と進み、仕上げの墨だしが始まる。


 12月24日


 
外壁1部ALC進む。


 
外壁詳細、ALC+カネライト50+タイベック+押え兼用下地(+サイディング)。
北海道の気象条件を理解していただき、湿式から乾式に変更。


 
屋根との取り合い、外貼り断熱が連続します。



1階内観。明るさの感じがでてきてます。
右手の明るいところが、玄関風徐廻り。


 
2階内観。
左、各室1方向、大物のカーテンウォール未施工。
右、浴室方向、こちらも大物の8.6Mの全開口のサッシ未施工。
詳細の決定が遅れ気味で、
各工種に渡って、いわゆるダメが残っている状態をなんとか打開したいところです。


 
温室上部下屋の下地。


 1月9日 年が明けて・・・



今日の週間定例会議のメンバー。
左から、電気の創電市原、施工図に追われる金子、
禁煙したはずの所長岩崎、設備の共進新井。


 
客室1のカーテンウォールもついて・・


 
他のサッシも決まりだして・・・


 
温室下屋も完了して、ただ、
2階南面トップライトは、まだだったりして・・・


 
お風呂の防水も、玄関サッシもついて・・・


 
内部はもうすぐ、LGS間仕切りが入ります。



そんな順調ではないが、着々と一歩ずつ前進する現場を後目に、
一匹の猫が2階風呂場の横を通り過ぎていったらしく、
なんともいやはや・・・




3.

工事レポート一覧に戻る


Home