山の手・Kヴィレッジ2003 新築工事

 ナツツバキの並木とモクレンの中庭の現代の長屋


敷地面積: 683.33F(206.75坪)

建築面積: 345.72F(104.60坪)

延床面積 573.44F(173.46坪)

(1階345.72Fうちカーポート物置111.77F・2階227.72F)


工期:2003年4月21日〜2003年9月30日 


棟梁:岩本隆+村上敏郎+渡部佳生  

関連サイト:北海道建設新聞コラム
http://www.kensin.jp/homepage/tousizu/zu0305.html

計画概要 


コンセプトは、『江戸長屋の再現』
借家住人のコミュニティーのあり方も考える・・・
*

周辺環境は、住宅地としては人気の山の手地区で良好です。
6戸建っていた借家の老朽化に伴う建て替えで、
計画としては、22.5坪の2LDKから33坪の4LDKのひとつとして同じ間取りのない各戸に、
全戸カーポート・物置付きの5戸の変則長屋スタイルで提案。
各戸は、日照を考慮して南北軸に振られ、
さらにモクレンの中庭を挟んで、長屋であるにもかかわらず、
外壁は4面ほとんどが窓のとれる状態で解放されています。

また、3面が道路に面する敷地の街路樹の計画から、
連続する外灯や門灯、ゴミステーションや館名看板など、
街の景観に対して積極的にデザインアプローチしています。

5戸のうちの北側A・B棟は、
2階をメインフロアーとするプランニングで、
日照条件の不利に対応してます。




2.

 大工棟梁たち。


  

全部でABCDEの5棟。
左から、BE棟担当の村上・D棟担当の渡部(円柱の奥にいます。)・AC棟担当の岩本、各棟梁です。


 6月5日、そして土台敷き。


 
いつものアングル、ゴミステーションと看板側から。


 
よりはっきりし出した、南面ジグザグ。
床下土間コンクリートもきれいに打設されました。


 6月16・17日、壁建つ  。


 
6月16・17日の違いで、ツーバイフォーの壁の建ち方わかりやすい。


 
南面の雁行と隣棟の見え方。


 
外壁スパンを跳ぶ2階床梁。


 
中庭の見え方。


 
気密先張りのポリ0.2氈B


 
7月5日、2階が上がった南面と西面の様子。


 
同じく東面と北面の様子。
B棟居間のハイルーフ4mの様子が分かる。


 
その内部。
西面に300角ガラスブロックの開口が3ヶ所。


 
出来つつあるカーポート。


  
屋根未完のスチールメッキのゴミステーション。





3. 

工事レポート一覧に戻る


Home