進化する『スーパーボックス・エコ』・シリーズ 10棟目

栗沢H邸

岩見沢T邸・平取H邸から引き続く設計コンセプト

気密化された箱の中に、木組みの構造をデザインする。

デザイン要素は、

1.八寸角カラマツ大黒通柱

2.玄関ポーチカラマツ200φ丸柱

3.吹抜けの日射取得、縦連続窓


プラン上は、

1.冬季の天然冷蔵庫、箱に付加した食品庫と

2.箱の外に展開するカラマツカーポートと物置

3.箱に外付食品庫(冬季0℃〜5℃)

4.屋根上の2階デッキ



外皮としての仕上げ材は、
あくまでもメンテナンスとコストパフォーマンスから

1.カラマツ板縦貼り

2.耐久性を考慮して、1階は乾式タイル

3.2階は.縦貼り防火サイディング


そして自然素材の内装は、
やさしい肌触りとさわやかな空気を求めて、

1.無垢カバのフローリングとコルクタイル

2.道産間伐トドマツ羽目板の配線スペースも兼ねた腰壁

3.藁入り珪藻土と天井のコンパウンド


*

敷地面積232.47F(70.33坪)

建築面積: 88.42F(26.74坪)

延床面積148.04F(44.78坪)

(1階66.24F・2階59.62F・カーポート21.34F)


工期4月1日〜9月15日 


棟梁:中堀音吉 

レポート 2.

 もうすぐ外壁が仕上がります。


 

全景とカーポート。



向かいで「スウェーデンハウス」が基礎工事始まる。
この通りもらしくなってきましたね。


 
屋根面の断熱材も入り、2階天井ボードが貼られる。



外壁タイル(1階)サイディング(2階)も完了。


 6月28日、そして上棟式。



恒例の記念撮影。
神主さんも入って、総勢13名。
中央が建て主さんの元気印の4才になる息子さん。

おめでとうごさいました


 7月20日、配管配線腰壁。


 
これが配管配線スペースとデザイン性を兼ねた腰壁。
外張り断熱のメリットです。


 8月23日、一挙に外構。


 
デッキ・舗装を残した状態の外構。
木製外灯がカーポートに点在してます。


  
木製外灯、左からOAタイプ(古材)SCタイプ、SAタイプ。
塗装は、自然塗料のオスモ(ドイツ製)





レポート1 へ戻る

レポート3 へ


工事レポート一覧に戻る

Home