曹洞宗・瑞雲山海容寺納骨堂新築工事

 なるかお寺と現代美術の衝突・・・


ホール棟

建築面積: 63.76F(19.28坪)

延床面積 78.25F(23.67坪)

(1階52.17F・2階26.08F)


納骨棟

建築面積283.11F(85.64坪)

延床面積263.79F(79.81坪)


工期2002年4月1日〜2003年9月30日 


棟梁:佐藤洋悦+吉野敏夫  



▼設計のポイントは、3つありました。


1.北海道厳冬期の温熱環境を大開口のある大空間で、どう快適にしていくか。
メインフレームは鉄骨で組まれた大空間に、木質系パネルで外断熱し、住宅の高断熱高気密の手法を応用していく。
24時間換気、低温水による24時間床暖房。(ホール棟では、常時水回りが使用可能)

2.寺社建築の雰囲気を一般解ではなく、それほど高価ではない木材種を多用して、どう演出していくか。
屋根廻り軒先及び列柱や開口廻りに、デザインとして生きてくるものには、徹底して大工の手仕事としての痕跡を残すように努める。

3.内外装共に長いスパンの年月に耐えながら、いかに風合いを出していける素材を選択できるか。
木(カラマツ・とどまつ・なら・せんなどの道産材)・煉瓦・タイル・着色モルタル・鉄・珪藻土塗り壁・和紙・・・・



▼あとは美しい建物になるように、
「組織としての総合的センス」

どこまで発揮していけるか、
ではないでしょうか。



7.
完成編・1


 9月16日、納骨棟



 
入り口側東面を見る。
鉄骨の構造耐バーをアクセントカラーにして
オープンな天井には、換気ダクト露出で走ってるのが見える。
床は、ならフローリング。



納骨壇配置に従って開いた、南面開口を見る。



西面大開口と内仏を見る。
照明は、高照度のメタルハライドをメインにしたコードペンダント。


 
8寸*3.5寸角のとどまつ集成材で組まれた、西面大開口の弓状カーブ。
外部からは、マリオンのデザインとして、たちあらわれる。
右は、納骨壇セット後。


 
南面開口と北面内仏正面。
壁仕上げは、全面藁入り珪藻土。
内仏バックの開口にステンドガラスが入る予定。


  
内仏詳細、横の縦格子、
左写真の施工前と、
納骨壇セット後の格子が入った完成形。



腰屋根のトップサイドライト見上げ。
3.5*4寸の垂木越しに、やわらく降り注ぐ日差し。


 10月7日、納骨壇がはいると・・




西面弓状カーブからの日差しがきれいです。



S壇とA壇の通路を東から西に見通す。
大開口から鮮明な陽射しが差し込む。
中間が内仏しゅみ壇。


 
タイバーがアクセントになってる明るくオープンな天井が、
ほぼ意図した通りに仕上がる。




8.
完成篇・2


6. へ戻る。


工事レポート一覧に戻る


Home