曹洞宗・瑞雲山海容寺納骨堂新築工事

 川俣正の基本構想でついに渡り廊下が着工。


渡り廊下B棟

建築面積: 17.08F(5.16坪)

床 面 積 17.08F(5.16坪)



ホール棟

建築面積: 63.76F(19.28坪)

延床面積 78.25F(23.67坪)

(152.17F・2階26.08F)


納骨棟

建築面積283.11F(85.64坪)

延床面積263.79F(79.81坪)


工期2003年11月17日〜2004年4月25日 


棟梁:佐藤春男(地蔵堂に引き続き・・)


関連サイト
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/news2003/101112gatu/kawamata/kawamata2003.htm

10.
渡り廊下編・1








川俣スケッチでは、
4m立方になっているステージ部分を、
お寺住職の部屋が「方丈の間」ということで、
10尺(3.03m)立方に変える。
片流れ屋根も、模型から切り妻2寸勾配に変える。
ステージ部分は、前後に扉が付いて筒抜けのオープンな状態が可能になります。

渡り廊下中間のたまり部分を、
精神空間
(本堂)から物質空間(納骨堂)へと異質空間へ抜けるときの、
舞台(ステージ)に見立てて、
実際にそこでは、ミニコンサート開催も可能となる。
というのが、川俣基本構想です。



 11月17日、着工。



基礎工事左上本堂、右下ホール棟。


 
方丈(10尺*10尺)部分真正面とホール棟と本堂の位置関係。
微妙な位置に建つため、原寸型板をおきながら位置だし。


 
ホール棟と本堂のそれぞれの接続部分を見る。
こうしてみると、けっこう存在感がありそうです。


 11月22日、大工墨付け始まる。


 
道産カラマツ材を使用して、墨付け始まる。



芸大教授の設計と聞いて、
真剣な表情で墨付けをする佐藤春男。


 12月1日、建て方前日。


 
切り込みが完了して出番を待つ梁材。


  
同じく切り込みが完了して出番を待つ柱材。


 
現場の段取りも完了。


 12月3日、方丈の間、上棟なる。



本堂の軒の交差を微妙にかわすため、勾配は2/10。


 
真ん中が棟木、両桁とも4寸*12寸


 
ホール棟側からと裏側から。
川俣構想のひとつ、
本堂前広場に向かってきれいに抜けているのがわかります。


 
柱足回り、柱は道産カラマツ200φ。
幾春別地域は、すでにうっすら雪化粧。


 12月13日、方丈の間、納骨ホール棟とつながる。



方丈の間、屋根架かる。


 
垂木は、4寸*3.5寸カラマツ、野地板40*140CSP。


  
こんな風に床根太が、架かりました。
右写真は、ホール棟階段踊り場ドアを開けたところ。



11.

9.
      完成篇・3 へ戻る。


工事レポート一覧に戻る


Home