山の手・Kヴィレッジ2004新築工事

 ナツツバキの並木とやまぼうしの中庭の現代の長屋


敷地面積: 825.31u(249.65坪)

建築面積: 411.00u(124.33坪)

延床面積 712.63u(215.57坪)

(1階345.72uうちカーポート物置111.77u・2階227.72u)


工期:2004年4月21日〜2003年9月30日 


棟梁:村上敏郎


計画概要 



北西上空から文化通りを見通す。
左が、Kヴィレッジ2003、右がKヴィレッジ2004
L棟のみ、3角勾配屋根。



クリックすると拡大図面になります。


コンセプトは、2003年に引き続き
『江戸長屋の再現』
借家住人のコミュニティーのあり方も考える・・・
老朽化した借家群の建て替え計画。
*
周辺環境は、住宅地としては人気の山の手地区です。
2003年計画は、
22.5坪の2LDKから33坪の4LDKのひとつとして同じ間取りのない各戸に、
全戸カーポート・物置付きの5戸の変則長屋スタイルが好評を博して即入居者が決定。
2004年計画も、その流れを汲んで完全南北軸に振られ、
さらに赤白のやまぼうしの中庭も同じになる予定です。
今年の戸数は、6戸で内4戸が2階建て長屋(FGHK棟)、
2戸が3階建て独立住宅(JL棟)になってます。
今年の特徴は、物干しデッキが全て屋寝付きになりました。

F棟:27.5坪(1階メインフロアー)
G棟:33.0坪(1階メインフロアー)
H棟:30.0坪(1階メインフロアー)
J棟:34.5坪(3階建て1階車庫)
K棟:33.0坪(2階メインフロアー)
L棟:15.6坪(3階建て2階メインフロアー)
全て住居部分面積

3面が道路に面する敷地の街路樹の計画から、
連続する外灯や門灯、館名看板など、
街の景観に対して積極的にデザインアプローチしていくことは、
前年同様です。




2.


 6月7日・いよいよ大工のりこみ。


 
青空ものぞくが小雪もちらつく寒い日、無事終了。


 
その日のオーナー宅の庭と花に囲まれたデッキ。



そして、藤棚の下の散った一面の藤の花びらがまた美しい。





そして、満開のジャーマンアイリス。


 6月8日・1階床工事進む。


 
土台・大引きそして合板貼り。


 
『Kヴィレッジ2003』を見る。


 6月28日・建て方進む。


 
6月23日、2003年の中庭のヤマボウシが咲いた。



6月暑い日が続く。
まだ建たないK棟とL棟の間の中庭でヘルメットの下にタオルをたらして墨付けを進める、
棟梁村上俊郎。


  
F・G・H棟が先行して建つ。


 
建て方途中の様子。


 7月6日・カーポートも建つ。


 
左、F棟、右H棟との間に挟まれたG棟のカーポート。


 
土台から始まって柱梁まで、すべて道産カラマツを使用しました。
特に正面にかかる面付のものは、当社創業者が45年前に植樹したものを間伐したもの。
関連サイト
http://www.tkb2000.co.jp/bunka/sinrin/2004/kanbatu08.htm


 7月16日・J、K棟も建ちだす。



北側道路、K棟からJ棟、Kヴィレッジ2003まで見通す。


 
K棟居間吹抜ロフト部の壁も建つ、右内部から。


 
J棟車庫玄関に通しで庇がつく。


*

3.

1.へ戻る





工事レポート一覧に戻る


Home