山の手・Kヴィレッジ2004新築工事

 ナツツバキの並木とやまぼうしの中庭の現代の長屋


敷地面積: 825.31F(249.65坪)

建築面積: 411.00F(124.33坪)

延床面積 712.63F(215.57坪)

(1階345.72Fうちカーポート物置111.77F・2階227.72F)


工期:2004年4月21日〜2003年9月30日 


棟梁:村上敏郎


計画概要 



北西上空から文化通りを見通す。
左が、Kヴィレッジ2003、右がKヴィレッジ2004
L棟のみ、3角勾配屋根。



クリックすると拡大図面になります。


コンセプトは、2003年に引き続き
『江戸長屋の再現』
借家住人のコミュニティーのあり方も考える・・・
老朽化した借家群の建て替え計画。
*
周辺環境は、住宅地としては人気の山の手地区です。
2003年計画は、
22.5坪の2LDKから33坪の4LDKのひとつとして同じ間取りのない各戸に、
全戸カーポート・物置付きの5戸の変則長屋スタイルが好評を博して即入居者が決定。
2004年計画も、その流れを汲んで完全南北軸に振られ、
さらに赤白のやまぼうしの中庭も同じになる予定です。
今年の戸数は、6戸で内4戸が2階建て長屋(FGHK棟)、
2戸が3階建て独立住宅(JL棟)になってます。
今年の特徴は、物干しデッキが全て屋寝付きになりました。

F棟:27.5坪(1階メインフロアー)
G棟:33.0坪(1階メインフロアー)
H棟:30.0坪(1階メインフロアー)
J棟:34.5坪(3階建て1階車庫)
K棟:33.0坪(2階メインフロアー)
L棟:15.6坪(3階建て2階メインフロアー)
全て住居部分面積

3面が道路に面する敷地の街路樹の計画から、
連続する外灯や門灯、館名看板など、
街の景観に対して積極的にデザインアプローチしていくことは、
前年同様です。




3.


 7月23日・J・K、棟建て方進む。


 
 

J棟は2階まで、K棟はロフトまで進行中。



K棟はロフトの内部。


 8月3日・上棟式。


 
G棟を会場にして、上棟式が行われました。



最後に参加者で、いつものように記念撮影。
村上棟梁が後で控えめに写ってます。


 8月19日・L棟も建った。


 
 
通柱、2階南面ガラスのカーテンウォール、途中だけど建ちました。


 
 
 
屋根付物干しデッキも見えてきた各棟の様子、8月19日。


 8月27日・L棟も建った。A


 

 
L棟、上から西面(J・K・L・H)、南面(L・H)、また西、K棟越し北の各面。


 
屋根面、もや表しと南面開口。



J棟西面、電動シャッター付く。


 9月1日〜14日・断熱材が入って、外壁始まる。


 
壁高断熱グラスウール、天井ロックウール吹き込み、
内部は、ポリフィルムで気密。


 
外壁1階道産カラマツ板張り始まる。


 
「Kヴィレッジ2003」に続き、防火以外の部分は板張りです。


 
「Kヴィレッジ2004」の物干しデッキは、屋寝付き。


*
4.
2.へ戻る




工事レポート一覧に戻る


Home