岩見沢A邸新築工事

 古材・煉瓦の外壁・カラマツのポーチ廻り



敷地面積289.56F( 87.61坪)

建築面積136.41F( 41.27坪)

延床面積182.59F( 55.25坪)

(1階112.69F・2階60.89F・カーポート9.01F)


工期4月28日〜10月31日 


棟梁:吉野 敏夫 

 計画概要



1階平面図

 構造的は、上から次の3つのゾーンに別れます。

1. 道産カラマツの骨組みのポーチカーポートゾーン、大きさは4.5間の奥行き3.3m。
2. 3間*8間弱の2階建てゾーン、そのうち居間部分が3間*2.5間の古材ゾーン。
3. そして、2間*4.5間の母の部屋2つの平屋ゾーン。
そこに、外部テラス・物置・外付け食品庫が絡んできます。



2階平面図

 構造的には、2つのゾーン。

1. 3間*8間弱の2階建てゾーン、子供室(8)と寝室(12)になります。
2. 平屋ゾーンの上が、8帖と6帖のデッキテラスとその間に挟まれた4帖大のサンルーム。


 

そして、居間古材の上に、ロフトという構成です。




 4月29日・快晴の地鎮祭。



恒例の記念撮影。


 

  
2番目の娘さんも参加して、工事の安全を祈願、くわ入れと玉串奉納。


 5月11日・捨てコン打設。



RC杭10M打ち込み後、根堀して捨てコン。
打設後の5月14日の様子。


 5月12〜24日・基礎工事進む。



捨コンに続き型枠・鉄筋工事。


  
左写真、煉瓦を積む外周部は、断熱材を挟んでダブルの基礎になります。
杭の打設状況がよくわかると思います。5月19日撮影



 
左は、ポーチ廻り、右は、東面道路。5月21日撮影


 6月4〜9日・基礎工事完了。


 
設備の配管完了。6月4日



土間コン打設前。6月9日


 6月15日・大工現場乗り込む。



土台式から。


 
水平レベルを見ながら慎重に進む。



外壁煉瓦積み部分の納まり。基礎厚さ断熱材がサンドイッチで370氈B


 
1階床組は、プラスチック製の調整束で組まれていく。
経年調整が可能です。

2.



工事レポート一覧に戻る


Home