岩見沢A邸新築工事

 古材・煉瓦の外壁・カラマツのポーチ廻り



敷地面積289.56F( 87.61坪)

建築面積136.41F( 41.27坪)

延床面積182.59F( 55.25坪)

(1階112.69F・2階60.89F・カーポート9.01F)


工期4月28日〜10月31日 


棟梁:吉野 敏夫 

 計画概要



1階平面図

 構造的は、上から次の3つのゾーンに別れます。

1. 道産カラマツの骨組みのポーチカーポートゾーン、大きさは4.5間の奥行き3.3m。
2. 3間*8間弱の2階建てゾーン、そのうち居間部分が3間*2.5間の古材ゾーン。
3. そして、2間*4.5間の母の部屋2つの平屋ゾーン。
そこに、外部テラス・物置・外付け食品庫が絡んできます。



2階平面図

 構造的には、2つのゾーン。

1. 3間*8間弱の2階建てゾーン、子供室(8)と寝室(12)になります。
2. 平屋ゾーンの上が、8帖と6帖のデッキテラスとその間に挟まれた4帖大のサンルーム。


 

そして、居間古材の上に、ロフトという構成です。




2.

 6月19日・古材が建った。



やっぱり存在感ありますねぇ。



古材をバックに大工たちの記念撮影。
左から、棟梁吉野敏夫、地崎光則、管井典。

関連サイト
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/kozai/akama/akamakozai.htm


 6月28日・屋根まで。


 


 
外部各方向から。
屋根の上で作業する大工の人影が見える。



古材の上のロフトにも屋根がかかる。



平屋部分、両母親の部屋に露出で連続する梁。


 7月2日・ポーチカラマツ縦格子。



正面から。



内側から。
縦格子幅広はカラマツ耳付135*30、細い方は、道南杉45*35。
大梁は360*120、小梁270*105、柱は270角を大面をとって8角形に。



その縦格子をバックに、
手伝いに来たスイス人大工見習いのパトリックと棟梁吉野が記念撮影。


 7月8日・2階サンルーム骨組み。


 
南に突きだした4帖大の2階サンルーム。
その骨組みが組まれる。



ポーチ屋根もやっと形になる。


 7月17日・外部仕上げ進む。



サンルームも組上がり、屋根の荒葺き完了。


 
軒裏詳細、ピンク色は外壁断熱材のネオマフォーム。
白い紙は、屋根のタイベックシート。


 
外壁合板の上から、気密ポリ(緑色)その上から、外壁断熱材のネオマフォーム。
関連サイト:http://www.asahikasei-kenzai.com/akk/neoma/index.htm



2階開口の樹脂サッシも取り付く。


 
ロフトのガラスブロックは嵌る30B角開口、内外から。



7月17日、正面全景。



3.
1.へ戻る


工事レポート一覧に戻る


Home