岩見沢A邸新築工事

 古材・煉瓦の外壁・カラマツのポーチ廻り



敷地面積289.56F( 87.61坪)

建築面積136.41F( 41.27坪)

延床面積182.59F( 55.25坪)

(1階112.69F・2階60.89F・カーポート9.01F)


工期4月28日〜10月31日 


棟梁:吉野 敏夫 

 計画概要



1階平面図

 構造的は、上から次の3つのゾーンに別れます。

1. 道産カラマツの骨組みのポーチカーポートゾーン、大きさは4.5間の奥行き3.3m。
2. 3間*8間弱の2階建てゾーン、そのうち居間部分が3間*2.5間の古材ゾーン。
3. そして、2間*4.5間の母の部屋2つの平屋ゾーン。
そこに、外部テラス・物置・外付け食品庫が絡んできます。



2階平面図

 構造的には、2つのゾーン。

1. 3間*8間弱の2階建てゾーン、子供室(8)と寝室(12)になります。
2. 平屋ゾーンの上が、8帖と6帖のデッキテラスとその間に挟まれた4帖大のサンルーム。


 

そして、居間古材の上に、ロフトという構成です。




4.

 9月8日・台風のため足場のシート撤去。



古材ゾーンの外壁の様子が現れる。


 
西面、南面の差し鴨居上部の開口の様子。


 9月18日・着色モルタル完了。





着色剤は、マインの「橙」です。
これに割り肌調レンガタイルが外壁と花壇に絡んで、外部は完成です。


 10月18日・内部仕上げ珪藻土。



外部も塗り壁、内部も塗り壁がほとんどの仕上げ。
昔と同じで、左官屋さんに活躍してもらいました。
大工職、左官職、
とにかく職人さんの手仕事のあとをいかに見せていくか、
ハウスメーカーとは逆の指向性で、当社らしさをいかにお客様に提供していけるか、
トライしていきたいと思ってます。




完成編 5.


3.へ戻る


工事レポート一覧に戻る


Home