新十津川F邸

*

            道南杉の大黒柱と土間のある家


敷地面積413.25F(125.03坪) 
    
建築面積129.18F(39.08坪)     
延床面積188.80F(57.12坪) 
(1階74.52F・2階59.62F・カーポート33.12F 物置16.56F)

工期平成15,12,1〜平成16,5,31      

棟梁:菅井 徹  

計画概要


1階平面図

 

玄関から入って正面に7帖ほどの土間があります。

ここにはピアノがおかれます。そして、家族共通の趣味である陶芸もここでやります。

居間には堀コタツがあり、その上部が吹き抜けとなっています。

併設のカーポートは縦列で2台止められます。カーポートの巾が2間あるので車を止めてもアプローチスペースは残ります。

カーポートの横には10帖の外部物置があります。

 






2階ロフト平面図

居間の吹き抜けから続く勾配天井が空間を演出。

北側収納(斜線部分)の上はご主人のアジトとなる5帖のロフト。





レポート・その1

3月初旬 建て方開始

  

まだ雪が残る中、着々と建て方が進む。

 

 

 

屋根の形が見えてきた。

 

 

 

 

破風もついて屋根の形が現れた。

中央の勾配やねの部分がそのまま吹き抜けの勾配天井となる。

 

 

 

 

サッシも付いて屋根が完成した。

 

 

 

カーポートも立ち上がり全体がわかる。

 

 

 

外壁のガルバリューム鋼板貼りあがり、ついに外部完成。

 

4月初旬 いよいよ内部造作え



 

 

 

ロフトとなる勾配天井部分を見上げる

 

 

 

 

2階ホール〜南側吹き抜けを見る。

 

 


 

床に貼るむくの杉板を加工する大工、佐藤 実

この杉板は宮崎県から取り寄せたオビ杉。厚さが30氈Aオスモカラーを工場塗りしました。

 

 

 

床板の張り上げ状況。

 

 

 

 

道南杉の大黒柱。手前210角。奥150角。

 

 

 






レポート・その2へ

工事レポート一覧に戻る