進化する『スーパーボックス・エコ』・シリーズ 12棟目

砂川I邸

岩見沢T邸・平取H邸・栗沢H邸から引き続く設計コンセプト


気密化された箱の中に、木組みの構造をデザインする。

敷地面積225.52F(68.2坪)

建築面積: 90.34F(27.1坪)

延床面積139.02F(42.0坪)

(1階住65.21F・2階住55.27F・カーポート他25.12F)


工期9月1日〜平成17年4月23日 


棟梁:管井徹  &中堀音吉 

*

2.

 12月3日の様子。


 
屋根面まで出来上がった状態の外部と古材とカラマツ大黒柱の内部。


 年が明けて、1月17日の様子。


 
雪に覆われて、カラマツカーポートがいかにも頑丈そうです。


 1月24日、上棟式。



外は雪の舞う中、厳粛に無事終了!
恒例の記念撮影です。
おめでとうございました。


 2月15日、大雪。


 
カーポート屋根とその横につもった雪が、大雪を物語っています。
この大雪でもアプローチの屋根がうまく機能してます。


  
内部もボード貼りが進み、完成が近い。


 
2階天井断熱材の吹き込みも完了。


 3月11日、もうすぐ大工完了。


  
またあしてもカーポートの雪、3月11日。


 
この豪雪でもアプローチが機能しているのは、とてもいい。


 
壁も腰板残して、ほぼ完了。


 
充実した収納関係も完了。
あとは、仕上げを残すのみ。




3.
内部完成編


1.へ戻る

工事レポート一覧に戻る


Home