進化する『スーパーボックス・エコ』・シリーズ 12棟目

砂川I邸

岩見沢T邸・平取H邸・栗沢H邸から引き続く設計コンセプト


気密化された箱の中に、木組みの構造をデザインする。

敷地面積225.52F(68.2坪)

建築面積: 90.34F(27.1坪)

延床面積139.02F(42.0坪)

(1階住65.21F・2階住55.27F・カーポート他25.12F)


工期9月1日〜平成17年4月23日 


棟梁:管井徹  &中堀音吉 




4.
外部完成編



40年は越える建売りコンクリートブロック住宅の立替で、
隣近所は、当時のままの姿でたくさん残っています。



カーポートの絡んだ典型的アングル。


 
連続する道産カラマツの列柱のカーポートとアプローチ。


 
アプローチからの玄関。
木製玄関灯、木製ポストは当社オリジナル。



『Super Box』コンセプトのひとつ、縦連続窓の様子。
その手前に物干しデッキ。



カーポート脇から見る1階物干しデッキ。


 
『Super Box』コンセプトのひとつ、
冬季天然冷凍庫、外付け食品庫とその上の物干しデッキ。


*


  
内部完成後、玄関にのれんのかかった様子。
と食卓越の吹抜の様子。




3. 
内部完成編  へ戻る



工事レポート一覧に戻る


Home