札幌M邸新築工事


 花好きな母親と奥さんに応える、吹抜の土間空間。


建築面積: 89.17F(26.67坪)

延床面積160.23F(48.88坪)

(1階84.88F・2階45.75F・3階29.60F)


工期9月1日〜2005年1月31日 


棟梁:吉野 敏夫 

● 計画概要


 ◆ 1階平面図 主家 間口5.25間*桁行き5.5間に1間の下家




 ◆ 2階平面図  主家 間口5.25間*桁行き5.5間




 ◆ 3階平面図  屋根裏風ロフト 間口5.25間*桁行き5.5間の半分





0.

 3月既存建物の現地調査に訪れる。


 
既存建物は、1階がコンクリートブロック造かなりの築年数のもの。


 

 
家の中は、グリーンでいっぱい。



前面道路は、せま〜くて、4M。


 
板塀がまわっていて、道路との隙間も花畑、かなり好きなんですよ。


 
 
草も花のうち、渾然一体。



タイヤに踏まれても育つ駐車スペース。

*


そんな建物が、解体されました。


1.

 9月1日・台風一過秋晴れの下、地鎮祭



初詣に行っている相馬神社の神主さん。



鍬入れと玉串奉納。



祭事の後の記念撮影。


 9月2日〜25日・基礎工事


 
型枠工事


 
そして、コンクリート打設。



設計のメイン、土間になる部分、母の部屋側から。



ライフライン、設備工事が進む。


 10月9日・基礎工事完了



すっかり色づいたお隣の物置小屋のツタ。



前面アプローチから望む、藻岩山。


 
南面東西の庭側から見る。


 
食堂・居間になる、土間空間。



2.

工事レポート一覧に戻る


Home