曹洞宗・瑞雲山海容寺納骨堂新築工事

 川俣正の基本構想でついに渡り廊下が着工。


渡り廊下B棟

建築面積: 17.08F(5.16坪)

床 面 積 17.08F(5.16坪)



ホール棟

建築面積: 63.76F(19.28坪)

延床面積 78.25F(23.67坪)

(1階52.17F・2階26.08F)


納骨棟

建築面積283.11F(85.64坪)

延床面積263.79F(79.81坪)


工期2003年11月17日〜2004年4月25日 


棟梁:佐藤春男(地蔵堂に引き続き・・)


関連サイト
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/news2003/101112gatu/kawamata/kawamata2003.htm

12.
渡り廊下編・完成







左から納骨棟・ホール棟・渡り廊下・右奥に本堂。(6月21日)



川俣スケッチでは、
4m立方になっているステージ部分を、
お寺住職の部屋が「方丈の間」ということで、
10尺(3.03m)立方に変える。
片流れ屋根も、模型から切り妻2寸勾配に変える。
舞台部分は、前後に扉が付いて筒抜けのオープンな状態が可能になります。

渡り廊下中間のたまり部分を、
精神空間
(本堂)から物質空間(納骨堂)へと異質空間へ抜けるときの、
舞台(ステージ)に見立てて、
実際にそこでは、ミニコンサート開催も可能となる。
というのが、川俣基本構想です。


 2004年6月10日、完成。


外部から・・・・


左納骨堂ホール棟、右本堂。



渡り廊下正面全景、中央が方丈の舞台。



方丈の舞台扉を開いたところ。



さらに裏扉も開くと、向こうの景色が開ける。
本来なら、この景色をバックに舞台で演じてもらう。
春は桜か、秋は紅葉か、植栽まで考えれば完璧だろうね。



そして、裏から見た全景。
左本堂、右外壁が完了した納骨堂ホール棟。


 
裏扉が閉じた状態と開いた状態。
腰板カラマツ下見板、腰上着色モルタル黒。



正面ホール棟側の明かり取り。
松本城で見た縦格子にヒントを得て・・・
黒いモルタルにカラマツ素地がよく似合ってます。



北海道のこの季節の木々に囲まれて、うまくとけ込んでます。


* *

内部へ・・・・


方丈の舞台から納骨堂方向廊下を見る。
左に10尺開口の両開き建具、奥に縦格子の明かり取り。
正面に川俣スケッチが額に掛けてある。



方丈舞台を本堂側廊下から見上げる。
床なら無垢フローリング、腰カラマツ合板、壁天井コンパウンド、
方丈舞台天井、野地表し。


 
外から舞台の内部。



川俣コーナーにサイン入りスケッチと経過報告と略歴。


  


▼印の腰壁に埋め込まれた、創作照明。


*


11.へ戻る。
 渡り廊下・1     
13.

工事レポート一覧に戻る


Home