進化する『スーパーボックス』・シリーズ 13棟目

岩見沢A邸

砂川I邸・岩見沢S邸から引き続く設計コンセプト

デザイン要素は、

1.道産カラマツの大黒柱

2.カーポートカラマツ柱:建て主の山から産直です。

3.吹抜けの太陽熱を取り入れる、南面縦連続窓


外皮としての仕上げ材は、
あくまでもメンテナンスとコストパフォーマンスから

1.カラマツ板縦貼り

2.1階は防火サイディング

3.2階はガルバリューム鋼板


そして自然素材の内装は、
やさしい肌触りとさわやかな空気を求めて、

1.無垢材のフローリングとコルクタイル

2.道産間伐トドマツ羽目板の腰壁

3.藁入り珪藻土と天井のコンパウンド


*

敷地面積260.03F(78.65坪)

建築面積: 97.72F(29.56坪)

延床面積116.35F(35.19坪)

(1階住49.69F・2階住44.72F・カーポート他18.63F)


工期6月1日〜9月13日 


棟梁:渡部佳生 




1階平面図




2階平面図



*

 6月2日の地鎮祭の様子。



すぐ隣に住む奥さんのご両親が参加して、晴天の中無事終了。


 7月2日建て方。


 
南北軸にあわせて、斜めにふって配置。
左南面左が親の住宅、右西面奥が親の住宅。


 
左写真真北玄関側、右写真南東側遠景。



建て方メンバー大工、左から次郎・竹中・正(まさ)の3人と・・。


 
8寸角のカラマツ大黒柱(図面
)を仕上げる棟梁の渡部。


 7月15日窓付け。



外壁の構造用合板にタイベックを貼った状態で、窓の取付です。
カーポートアプローチからの見通し。右建物母屋。


 
南西角の吹抜に縦連続窓。太陽熱を取得する。
右写真は、競馬場通り庭木の間から。


 
内部面付の8寸角カラマツ大黒柱。
奥に吹抜縦連続窓。


 7月22日窓付け、完。


 
『Super Box』コンセプト、南西コーナー面吹抜の大開口。
隣が母屋。


 
その大開口の内外。
小住宅のため吹抜も小さめだけど、コーナー部分の縦連続窓。
この開口から、太陽をいっぱいに取り込む。


 7月29日、上棟式。



施主夫妻と奥さんの両親を囲んで、いつもの記念撮影。



奥さんのお父さんが自分の山から切り出してきた「カラマツ」のアプローチの列柱。
微妙な曲がり具合を渡部棟梁がうまく処理して、とてもいい風合いに仕上がってます。




2


工事レポート一覧に戻る


Home