Q 1.0 (キューワン)住宅

あいの里N邸

当社 Q 1.0 (キューワン)住宅、第1号!

http://www.tkb2000.co.jp/takebe/news2004/101112gatu/q1_0project2/sinjyukyo02.htm

*

敷地面積396.00F(119.79坪)

建築面積: 89.96F(27.21坪)

延床面積164.79F(49.84坪)

(1階住33.12F・2階住78.67F・カーポート53.00F)


工期9月20日〜1月31日


棟梁:渡部佳生 




換気暖房システム図

次世代省エネ基準のQ=1.6の時の暖房エネルギーコストの半減を目指す、
超省エネ住宅が Q 1.0 (キューワン)です。
熱の逃げる値を限りなく1.0に近づけようという試みです。
建物から逃げる熱は、大きく次の3つに分かれます。
壁や屋根の建物矩体
窓など開口部
換気
難波邸の Q 1.0 (キューワン)仕様は、矩体はそこそこで、
開口部に木製トリプルLowEガラスを主に採用して、
なおかつ南面大開口で太陽熱をいっぱい取りこもうというものです。
さらに換気に排気から逃げる熱の90%回収をするという、
スティーベルの換気システムをセットしてます。
これで熱計算ソフト「Q PEX」(室工大・鎌田研究室開発)で計算すると、
Q=0.97
マイコン割引蓄熱暖房機4KWを3台セットして出したランニングコストの答えは、
11月から4月までの暖房電気料金としては、約25,000円程度と驚異的です。(本当かな?ですね。)
屋根に3KWの太陽熱発電パネルが搭載された難波邸は、
さらに売電で約7,000/月が見込まれ、
暖房費だけからいくと完全に黒字です。
*
そんな換気暖房のシステム図が上記です。
床下に蓄暖をセットし、そこに熱回収した新鮮外気を導入して、
暖められた暖気が上階に回っていくというものです。
*
果たして結果はいかに・・・


画像クリック!





 着工前。


 
敷地は南西の角地。


 
ロケーションは良好です。


 基礎工事始まる。



工事看板にも、 Q 1.0 表示。


  
杭打設後、床下空間に暖房機と熱交換換気扇をセットするため、
暗渠パイプを透湿シートにくるんで敷設。


 
捨てコン打設。ここは、1段低い暖房ピットになる部分。


 
こんなコンクリート杭(200φ)3Mを36本打ち込みました。



鉄筋工事全景。


  
当社杭基礎用の鉄筋仕様の様子を見て、建て主のNさんが
「とてもしっかりした鉄筋工事ですね。」と言って喜んでくれました。


 建て方、順調に進む。


カメラのメモリーカードの調子が悪くしばらく記録してない間に、
建て方もおおむね完了まで進んでしまいました。


 
たるき・野地合板まで順調に進む。


 
南面のコーナーで突き出た大開口は、 Q 1.0 (キューワン)コンセプトによる。(内外から)



カラマツ8寸角大黒柱。



南面大開口の突き出た小屋根。



急勾配の野地合板の施工は、大変です。
このまま、雪が降らないでほしいものです。


 
玄関口、独立柱と梁。右手は食品庫。



正面全景。左カーポートは、まだ。


 
南面大開口の突き出し部分。


 12月12日、屋根板金工事&窓、ほぼ完了。


 
屋根板金、ガルバリューム鋼板横葺き、窓は、木製サッシトリプルガラス・アルゴンガス入りLowE。


 
内部から、南面大開口と食堂テラス戸と窓。



玄関ポーチと食品庫屋根たるき。
カーポート屋根に繋がります。




2


工事レポート一覧に戻る


Home