Q 1.0 (キューワン)住宅

あいの里N邸

当社 Q 1.0 (キューワン)住宅、第1号!

http://www.tkb2000.co.jp/takebe/news2004/101112gatu/q1_0project2/sinjyukyo02.htm

*

敷地面積396.00?(119.79坪)

建築面積: 89.96?(27.21坪)

延床面積164.79?(49.84坪)

(1階住33.12?・2階住78.67?・カーポート53.00?)


工期9月20日〜1月31日


棟梁:渡部佳生 




換気暖房システム図

次世代省エネ基準のQ=1.6の時の暖房エネルギーコストの半減を目指す、
超省エネ住宅が Q 1.0 (キューワン)です。
熱の逃げる値を限りなく1.0に近づけようという試みです。
建物から逃げる熱は、大きく次の3つに分かれます。
壁や屋根の建物矩体
窓など開口部
換気
難波邸の Q 1.0 (キューワン)仕様は、矩体はそこそこで、
開口部に木製トリプルLowEガラスを主に採用して、
なおかつ南面大開口で太陽熱をいっぱい取りこもうというものです。
さらに換気に排気から逃げる熱の90%回収をするという、
スティーベルの換気システムをセットしてます。
これで熱計算ソフト「Q PEX」(室工大・鎌田研究室開発)で計算すると、
Q=0.97
マイコン割引蓄熱暖房機4KWを3台セットして出したランニングコストの答えは、
11月から4月までの暖房電気料金としては、約25,000円程度と驚異的です。(本当かな?ですね。)
屋根に3KWの太陽熱発電パネルが搭載された難波邸は、
さらに売電で約7,000/月が見込まれ、
暖房費だけからいくと完全に黒字です。
*
そんな換気暖房のシステム図が上記です。
床下に蓄暖をセットし、そこに熱回収した新鮮外気を導入して、
暖められた暖気が上階に回っていくというものです。
*
果たして結果はいかに・・・


画像クリック!





 12月16日、カーポート建つ。


 
住宅本体の外部が一段落して、カーポートの骨組みが建つ。
住宅本体の屋根の雪も受けることになる柱は、8角で4尺5寸ピッチに連続して建つ。


 
さらに屋根が掛かる。



外部が囲われてきたところで、
今回の暖房と換気の心臓部分の機械類が、床下に搬入される。


 12月23日、ソーラー発電パネル付く。


 
心配していたけど、以外に色合いも良かったせいか、違和感なく納まってます。
左右に分かれてそれぞれ、11枚のパネルで発電量が3キロワットちょっとです。


 
外壁のサイディングもほぼ完了、もうすぐ外部が完了です。


 12月26日、上棟式で2005年の現場は、終了。



外部がほぼ完了、ここで上棟式。
平岸の相馬神社の宮司さんとNさん夫妻を囲んで、記念撮影。
宮司さんの右が、棟梁の渡辺佳生。
ここでっけじめを,



 2006年1月13日、年が明けて。


 
足場が解体されて、外部の象徴的な表情。



隣接地の車庫と北面カーポートの屋根の雪の状況。



内部外壁屋根の断熱気密状況



Q 1.0 (キューワン)住宅のメリットは、
工事中もとても良好な温熱環境の元で仕事が出来ることです。
床の桧のフローリングを張る大工の佐藤春男。


 2月10日、いよいよ大工があがる。



 
床下の暖められた新鮮空気が温風ダクトを上昇して2階に給気されます。
(換気暖房システム図参照)


 2月18日、内部塗り壁完了、いよいよ完成に。


  
換気システムのダクトは、基本的に大胆にも露出です。
これは、排気側のスパイラルダクト、メインの縦ダクトが150ミリφ、
横の主ダクトが125ミリφ、そして端部で100ミリφに絞られています。
最終的には、こげ茶色に着色され、珪藻土の白に対比させて、
あへて存在感をより主張させる予定です。


 
 屋根の雪もなくなり、ソーラーパネルが現れた2月18日の積雪状況と外部の様子。




1へ戻る

3


工事レポート一覧に戻る


Home