鉄骨造倉庫から展示ショールームへ改修

仮称『タケショールーム』

(道産)素材とあらゆる建築表現の実験の場!

*

敷地面積978.34F(295.94坪)

建築面積364.80F(110.35坪)

延床面積488.58F(147.79坪)

(1階305.28F・2階183.30F)


工期9月20日〜3月31日


棟梁:吉野 敏夫 



レポート・0.  着工前


    
間口14.4m奥行き5.2m×4スパンの鉄骨構造の倉庫。
軒高5m、一部2階建て。
腰セラミックブロック、外壁角波カラートタン。
屋根カラートタン蟻掛け。
こんななんてことのない倉庫の改修、
基準法で言うところの「大規模の模様替え」という奴です。

*

関連サイト
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/keikaku/2004/iwamizawasouko/iwasouko.htm




レポート・2.  


 

 
秋晴れの屋根屋上、ここ日の出台の高台から岩見沢が一望される。(10月6日)


 
軒天カラマツ羽目板(留辺蘂産)とフラット部分のたるき一層目。



大梁尺角のカラマツのジョイント仕口。



通気たるき(3層目)の上に野地板張り。



南面大開口の2つのパーツのジョイントに、3本目の丸太、米松の加工。


 
この位置、建つ前とその後。屋根上からの高さ4m。



軒天カラマツ羽目板見上げ。


 
内部、フラット屋根見上げ。


 
屋根換気窓塔と棟換気納まり、10月22日。


 
南面大開口軒天、決まったところと、開口枠が入ったところ(11月4日)。


 
南面大開口2階床、解体して吹抜に。


 
フラット屋根部分の通気たるきは、38×89で抜けをよりよくする。
象徴的屋根上の丸太。
このトップから、スポットを植栽庭ゾーンの道路からのゲートに当てて、
看板代わりを画策してます。


 
南面大開口の2階床吹抜部分が解体完了(11月1日)と開口枠が入ったところ(11月4日)。


 
西側から見降ろした吹抜(11月1日)と開口枠が入ったところ(11月4日)。



北面排煙窓も取付完了。


 
いよいよ屋根板金工事も職人さんがいっぱい入って急ピッチで仕上げです。(11月4日)




1.へ戻る


3.
 

工事レポート一覧に戻る


Home