琴似T米穀店

2代目米屋さんの兼用住宅の建て替え

*

敷地面積396.00F(119.79坪)

建築面積: 89.96F(27.21坪)

延床面積164.79F(49.84坪)

(1階住33.12F・2階住78.67F・店舗53.00F)


工期9月5日〜12月10日(店)1月31日(住宅)


棟梁:村上俊郎 






2

 外部開口部廻り。


 
アルミFBで直接ガラスを押さえるシリーズのニューバージョン。
左が100×5、右が60×3でトリプルLowEガラスを押さえてます。


 
左が居間の大開口で真ん中がノルドの木製サッシ、右が和室の開口でノルド単独と直接押さえのフィックス。


 
店舗部分のパラペットの産直カラマツの厚板30ミリ。


  
住宅玄関と精米室玄関。


 
外壁は、モルタル下塗り段階、着色モルタルは栗色ベースの濃茶に決定。


 
そして、着色モルタルは、濃茶に。左官屋さんも慣れてきて、なかなかの出来映えです。


 
旧国道5号線に面して、当社の工事看板シート。
道路を挟んだ道銀前のバス停から撮影。
バス待ちの人たちが、どのくらい見てくれていただろうか・・・
これも近々撤去になります。


 内部仕上げ。



店舗床仕上げは、カラマツ3層パネル30ミリ厚。



2階ユニットバスのフラットな床の納まり。



1階天井の200ミリの断熱気密の区画。


 12月10日、店舗引渡。


 
年内店舗引っ越しということで、店舗部分を引き渡しました。
広さは、2間×4間の8坪。
両開きの木製戸の向こうが、精米室。



足場が外れて完成間近の旧国道5号線に面したファサード。




1へ戻る


工事レポート一覧に戻る


Home