ワイナリー

 ヴィアグレスト宝水

  アイスハウス新築工事

   農村風景を背景に建つ2棟の朽ちた納屋、その存在感!




    

6月10日・金曜日・オープン! !
おいしいソフトクリームが食べられます。

*

敷地面積2636.50F(797.54坪)

建築面積: 16.562F( 5.01坪)

 床面積:  9.937F( 3.00坪)


工期5月15日〜6月9日 


棟梁:村上俊郎 



 計画概要


案内図

三笠方面から行くとき、
道道三笠・栗山線の三笠市萱野の当社三笠事務所を過ぎて、
岩見沢市との市境になるいちきしり川の橋を渡ってすぐ、
左に入ると旧三笠・栗山線です。
その先で急に右折する舗装道路をそのまま真っ直ぐに砂利道に入っていくと、
500メートル先右が敷地です。
栗山・上志文方面から行くとき、
岩見沢市上志文を抜けて、宝水町に入ると「雉が森ゴルフ場」入り口が、
右手に現れます。
その先、2キロメートル行った先、右手高台地に骨組みだけを残した赤色の屋根の納屋が、
大小2棟が目立って残されてます。
その間に挟まれたデッキ4帖、内部6帖の小屋が、
「ヴィアグレスト・アイスハウス」
なのです。





配置図





計画図

現地に残されていた古い納屋のプロポーションがとてもよく、
下屋を取って、
当初はその骨組みを見せながらデザインし直し、
再利用を考えました。
しかし、許された予算の中に納まらないことがわかり、
断念。
とりあえず、
きれいな骨組みをいかに見せるかを主眼にして、
下屋を解体、最小限の補強をして、
その存在感をお客さんに見ていただくということになりました。
実際のアイスハウスは、
当社のガーデンハウス(床面積3坪)を格安で提供して、
開店するという段取りです。
いずれ、納屋A・納屋Bも基礎を新しく、
また屋根を葺き替えることで復活させ、
次の店舗展開に加えることになってます。
*
さらに、とうもろこし畑とその周辺の果樹の木々、
南の針葉樹の防風林などの整備によって、
ますますロケーションが生きてくることでしょう!




まえ・5/14


 
道道三笠・栗山線から見た納屋2棟。
3.5間×6間と2.5間×4間の共に下屋付の古いもの。
これをいかに蘇らせることが可能なのだろうか。



小さい方から大きい方を見る。
窓がGood!



東から2棟の遠景。
手前は、見せてなおかつ食べてもらうためのブドウ畑。



三笠萱野方面からアプローチしてきたときの、
山側からの敷地入り口。


とちゅう・5/21

 

 
下屋を撤去して、
外壁の小波鉄板を剥がし骨組みあらわになった小さい方4面。
まるで現代美術家「川俣正」の世界。


 

 
同じ処理をした大きい方4面。
中に時代物の麦の脱穀機が残ってました。
当然捨てずに残してもらう。





2.
完成・オープン


工事レポート一覧に戻


Home