ワイナリー

 ヴィアグレスト宝水

  ワイナリー新築工事

   三笠・栗沢につづき、岩見沢宝水に空知ワイン街道第3段!




  


*

敷地面積2930.65?(884.75坪)

建築面積: 403.74?(122.13坪)

延床面積: 498.14?(150.68坪)


工期12月12日〜2006年3月31日 


棟梁:管井徹  村上俊郎 



 計画概要


計画イメージ図

道道三笠・栗山線を栗山方面から走ってきて、
上志文を過ぎ。毛陽への信号も過ぎて行くと、
両側に山が連なる沢のなかに入ってきます。
右手に「雉が森カントリー」をみてすぐの左の山裾に、
ぶどう畑が広がっているのがわかります。
そのぶどう畑を上から見下ろすように、
計画されたワイナリーです。

「ヴィアグレスト・宝水ワイナリー」
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2005/vieagreste/winery/winery01.htm

さらに
道道三笠・栗山線を500Mも進むと、沢を挟んで向き合うように、
春に竣工した
「ヴィアグレスト・アイスハウス」があります。
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2005/vieagreste/vieagreste02.htm

ワイナリーに使用される材料は、解体材再利用です。
*
「歴史ある建物」の復活、第2弾!
藤山海運(小樽)軍需工場。
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/news2003/123gatu/otarusouko/otarusouko.htm
*
果たして、時代の流れを受け継いで、
どんなワイナリーが立ち上がってくるのか、楽しみでもあります。
そして、小樽から岩見沢に新たな文化を担っていけるよう、
期待したいと思います。




1.

 着工前。


 
前面道路岩見沢市道から、道道三笠・栗山線とぶどう畑を見る。



敷地は、東へ5%程度の勾配のある斜面です。
その前面道路斜面下側からの全景。



敷地奥の山手から、全体を見回す担当の岩崎。
遠く前面道路に停まっているライトバンが、敷地の広さを物語ってます。


 12月11日大安大雪、地鎮祭無事終了。


 
ただただ広く北海道らしいこの敷地にこの大雪の中、山の神に一礼し、全員で祈りを捧げる。
奥左手のカラマツ林が、
文化レポート「手づくりのやまづくり」の舞台です。
http://www.tkb2000.co.jp/bunka/sinrin/2004/kanbatu02.htm
このカラマツ材を外壁に使う予定です。



そして、記念撮影。


 2006年1月5日、年が明けて工事が再開です。


 
まず、年末に根堀までやって掛けた採暖用上屋の中の除雪から始まりです。


 
そして、捨てコン打設。上屋内部はほぼ0℃以上です。


 
上屋(20×30M)遠景と対面する雪の中のぶどう畑。


 2006年1月27日、土間コンクリート




真冬の雪の中、やっと土間コンクリートまで完了。
いよいよ、2月から大工が入ります。


 2006年2月1日、上屋撤去




 
土台を仮敷きした状態で、上屋が解体撤去され規模の全体像が現れる。
上、ショップ入り口から。
下左は裏の搾汁室から。下右は正面入り口から。

 2006年2月8日、建て方進行中

 
奥行き28.48mのスケールがよくわかります。


 
黒い材料が再生古材で白い材が新材です。
 


18センチ×45センチの貴重な大梁、長さは3間あります。


2.


工事レポート一覧に戻る

Home