シリーズ・第3弾
 Kヴィレッジ2006 新築工事

2003年・A〜E棟、2004年・F〜L棟、2006年・M〜N棟、着々と進む現代の長屋 




北海道建設新聞コラム『透視図』アーカイブ
2003年5月30日 http://e-kensin.net/modules/weblog/details.php?blog_id=325
2004年3月4日 
http://e-kensin.net/modules/weblog/index.php?date=20040304

*

2003年10月1日 北海道建設新聞記事
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2003/Kvillage/news/kiji.htm

*

関連サイト
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2003/Kvillage/Kvillage05.htm
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2004/Kvillage04/Kvillage04_05.htm

*

敷地面積:261.24u(78.87坪)
建築面積:144.39u(43.06坪)
延床面積:226.89u(68.50坪)

工期:3月15日〜7月25日


棟梁:村上俊郎 






2003〜2006配置計画

*

A
4LDK 30.0坪
B
4LDK 33.0坪
C
2LDK 22.5坪
D
3LDK 27.0坪
E
3LDK 25.0坪
F
3LDK 27.5坪
G棟
3LDK 33.0坪
H棟
3LDK 30.0坪
J棟
4LDK 34.5坪 3階
K棟
4LDK 33.0坪 ロフト
L棟
1LDK 15.625坪 3階
M棟
3LDK 27.0坪 車2台
N棟
2LDK 27.0坪 車2台
 
戸建てならではの、内外に豊富な収納と4面からの採光、通りも含めた植栽計画による外部空間、
産地直送カラマツ材を、育った同じ気候風土の中で使って、
一つの村をデザインするという壮大なコンセプトです。

 
*


 3月31日
地鎮祭とりおこなわれる。



恒例の記念撮影。
神主さんの立ち振る舞いが、さすがに決まってます。



 

 
若奥さんは、卒業旅行で二人の息子さんと海外のため、今年は不参加。
お母さんとともに玉串を奉納する。



 3月31日
着工前


 
北面、西面から。



前面道路幅員は、4M、西側からみる。
奥は、文化通りに面するライオンズマンション。


 4月15日〜25日
基礎工事中


 
根堀から捨てコンまで


 
季節はずれの降雪と残雪の中、捨てコン完了。



 
鉄筋工事、ベースコン完了。


 
そして型枠取り付け。


 
脱枠全景。


 
基礎完了、いよいよ大工建て方が5月から始まります。


 5月13日〜31日
大工建て方中

 
 

 
5月13日、ツーバーフォーの1階壁建つ。


 

 
そして、2階の床まで。



 
5月23日、M 棟は2階壁(スタット)屋根断熱パネルまで、
N 棟は2階床パネルまでの状況 。
野地たるきは、勾配をとったツーバイシックス。


 
2棟の間をつなぐカーポートの大梁(15センチ×45センチ)を
加工する村上棟梁。
そしてカーポートにかかる。


 6月14日
上棟式




大安吉日、上棟式が行われました。
地鎮祭では、不参加だった若奥さんに二人の息子さんも、
今回は参加して、玉串をあげて工事の無事を祈願しておりました。
本当に、おめでとうございました!


 
カーポートも含めて屋根まで完了した、上棟時現況。






この日も例年のように、満開のジャーマンアイリスが庭を彩る。


 
枕木の端材でオーナー宅の庭に新しいセンスが加わりました。





2.


工事レポート一覧に戻る


Home