寺社仏閣シリーズ
 市来知神社社務所新築工事

設計:中田建築設計          

武部・田端本堂・川上・折笠共同企業体 

 

.



敷地面積:7 ,919.20u(2,395.56坪)

建築面積: 428.55u(129.64坪)

延床面積: 604.93u(182.99坪)

工期:平成18年2月24日〜11月15日


棟梁:佐藤洋悦、脇棟梁:渡部佳生・船田慎人   





 

 6月25日〜
内部工事

 

いよいよ内部へ。
まずは、北海道に欠かせない断熱気密。壁部分から念入りに入れていきます。
特にこの作業はあとで見えなくなるため、管理の目は光ります!
隙間無く、また長すぎてもだめです!

 

断熱材をきっちり入れた後、今度はビニールを内部全体を包みます。
ジョイント部分など隙間の恐れが有る部分にテープが張らされてるかチェックします。

 

小屋裏となる部分の三角屋根の勾配になりに140m/mと90m/mを2重に手作業で入れていきます。
まめにまめに入れてるのはわかりますよね。とりわけ重要なのです。

 

フラット部分の屋根断熱はブローイングです。三角屋根とは違ってこちらは欠損になる部分が少ないので採用してます。
三角屋根ですと下側に年数とともに落ちるため当社は採用しません。

 

ようやく何日もかけて断熱気密工事を終えたところです。
特に天井はビニールの剥がれ防止や断熱材が落ちてこないように貫で押さえてます。

先程の三角屋根部分。こちらは断熱材が落ちてこないようにむしろボード張りとしてます。

 

本工事の何カ所かある小屋裏防火区画によるボード12.5m/mを2重に張り、中にはGW100m/m充填します。

 

    

ここまでやっていくと後は見えるものばかり。
まずはユニットバス据付。(右図)
左は1階に設置してるシャワー室。


 

 

次々と内部の姿が表していきます。(左)階段に、大広間の梁表しの雰囲気。

 

防音として床にボード12.5m/mを下張りします。

 

佐藤大棟梁(大統領?)が既存として残してあった祭壇の扉(左)を取付けていきます。
稲荷さん?(右)は枠から新たに新設です。
扉の開閉の際、扉と共に「ジージージー・・・」となるように。慎重です。

 

(左)手洗い場(水屋)「祈りする前に手を洗う場所」です。竹の筒から水が出るように細工してます。
右)厨房。壁は化粧フレキを張っていき、フード(天蓋)を取付けていきます。

 

工事中の写真はここまでで、あとは完成まで楽しみにとっておきます。

 
御輿殿兼用祭事庫

新設工事

 

基礎は鉄筋コンクリートで行い、土間は仕上げとなるコンクリート金ゴテ一発押さえ!

 

鉄骨工事。ほぼ1日で建て方終了し、翌日サイディング・屋根の下地を取付けていきます。

 

その後、シャッター取付けてサイディング〜板金工事へと工事が進みます。
あとは電気工事や看板工事残すのみ、完成へ

 

 
屋外トイレ

 新設工事

 
 

お祭りや初詣の時にお世話になるトイレ!
これも今回の工事と同時進行で建設します。


基礎は外断熱とし、中はオールピット。手前が出入口となります。

 

今回、初棟梁山谷大工による木工事。
慎重に墨付切込していった手腕が問われる時です。

 

なんとか、順調に木工事終え、ごらんの通り工期内で終了。

 

 
演舞場

移設工事。移設工事は見物でしたよ。


 

まずは、元々ある演舞場の実寸を何度も確認し、それにならって基礎を造りあげていきます。

床はオール土間コン。

 

左)これが、移設工事。段取りがホント肝心だと思う瞬間です。
焦らず、慎重にジャッキで上げながら建物を上げていきます。

右図)そして、移設!今まで時間かけて段取りしたおかげで順調に新設の基礎へ曳いていきます。
(数少なくなった曳き屋さんだけに再利用できる建物は、解体しないで移設し問題なく使えることを実感した作業です。)

  

メインイベントが終了し、あとは雪などで壊されたというかつぶれたというか穴やへこみを直してる部分です。



完成.


工事レポート一覧に戻る


Home