『Super Box』シリーズ・第14弾
 日の出M邸新築工事

土間と二間続きの和室と吹抜けに建つ大黒柱 




敷地面積:231.00u(69.87坪)
建築面積: 70.25u(21.25坪)
延床面積:119.11u(36.03坪)

工期:7月1日〜10月31日


棟梁:村上俊郎 




 
5.25間×3.75間の『Super Box』の中に、熟年夫婦のための終の棲家をつくる。
敷地北側には、ボックスの住居棟を配置し、南側に既存車庫に付属したアプローチ棟を配置する。
アプローチ棟は、産直カラマツの丸太組で、
1200ミリの庇の下を雨や雪に当たらずにアプローチ可能。
敷地真ん中あたりまで行くと、住居棟の入り口ポーチにでる。
そこから玄関に入る。
ドアを開けると吹き抜けの土間空間があり、右手へ行くと二間続きの和室に。
土間の奥は台所で、対面してその土間で食卓を囲むようになっている。
1階中央に、右和室ゾーンと左パブリックゾーンに挟まるように、
風呂トイレユーティリティの水回りが使い勝手よく配置されている。
玄関上の土間吹き抜けの上に、ロフト風書斎が2階半の高さから、
カウンターデスク越しに見下ろすようになっている。
2階奥は、寝室と予備室のプライベート空間。

吹き抜けには、日射取得を期待して縦3連続窓が2ヶ所。
南側の和室も、奥まで日射が入るように、
1階半の天井高3Mいっぱいの高さまで、縦2連続窓。
暖房熱源は、施主が販売店でもあることから、プロパンガス(エコジョーズ)。
換気には、調湿可能な換気システムを初めて導入。
はたして冬期の過乾燥対策に効果ありや。

どうしても二間続きの和室が欲しいという要望から出来た、
なかなか魅力的なプランになってます。


 
*


 6月14日
お日柄を選んで、解体工事始まる。


 
コンクリートブロックの三角屋根の典型的な北海道の住宅の解体前の様子。
右手に当社が建てた木造車庫。



 
解体の様子を感慨深く見つめるオーナーのM氏


 6月19日
解体工事無事完了。


 
解体後、アプローチ横になる残された栃の木が象徴的です。



 6月28日
地鎮祭



建て主は、高校の同級生。
そのご両親に、長兄さんも出席。
さらに、建築資材
店の社長のH氏も同じ同級生で出席。
天気予報は、雨だったのに前日の雨は上がって、天気。
みんな行いが良かったんだね。



 

  
みんなで玉串奉納。

おめでとうございました!
がんばります!



 7月15日
工事が始まった。



まず、敷地南の車と人のアプローチ側から、基礎の根堀。


 
奥に既存の車庫のための基礎、そして手前がカーポートとアプローチのための基礎。


 
どちらも、第1種低層住居専用地域の後退距離ぎりぎりの隣地からの離れで、
傾いていた境界ブロック塀の改修も兼ねての工事。


 
カーポートアプローチ基礎完了、既設車庫上屋も移設完了。


 7月25日
住宅本体基礎工事


 
根堀、続いて捨てコンクリート(7月29日)


 
布基礎コンクリート打設、埋め戻し(8月10日)


 
床下土間コンクリートも完了。


 
既存ブロック塀の補強も兼ねて、かさ上げと門柱の型枠に産直カラマツ厚板の型枠で。(8月19日)


 8月28日
住宅本体木工事建て方



土台敷きが8月23日から始まって、5日目。
2階桁まで組みあがる。



 
 道路アプローチの位置からと、入って玄関ポーチから。



  
カラマツ8寸角の大黒柱。
玄関外からと入って土間からと2階寝室側からの3ヶ所からの様子。



旦那さん用の吹き抜けを望む書斎から、寝室側を見る。
右に大黒柱。

*


9月1日、外壁OSB合板貼り完。


 
アプローチカーポートに続く実直無骨なデザインで、ポーチの柱梁の丸太組完。






2.


工事レポート一覧に戻る


Home