『Super Box』シリーズ・第14弾
 日の出M邸新築工事

土間と二間続きの和室と吹抜けに建つ大黒柱 




敷地面積:231.00u(69.87坪)
建築面積: 70.25u(21.25坪)
延床面積:119.11u(36.03坪)

工期:7月1日〜10月31日


棟梁:村上俊郎 




 
5.25間×3.75間の『Super Box』の中に、熟年夫婦のための終の棲家をつくる。
敷地北側には、ボックスの住居棟を配置し、南側に既存車庫に付属したアプローチ棟を配置する。
アプローチ棟は、産直カラマツの丸太組で、
1200ミリの庇の下を雨や雪に当たらずにアプローチ可能。
敷地真ん中あたりまで行くと、住居棟の入り口ポーチにでる。
そこから玄関に入る。
ドアを開けると吹き抜けの土間空間があり、右手へ行くと二間続きの和室に。
土間の奥は台所で、対面してその土間で食卓を囲むようになっている。
1階中央に、右和室ゾーンと左パブリックゾーンに挟まるように、
風呂トイレユーティリティの水回りが使い勝手よく配置されている。
玄関上の土間吹き抜けの上に、ロフト風書斎が2階半の高さから、
カウンターデスク越しに見下ろすようになっている。
2階奥は、寝室と予備室のプライベート空間。

吹き抜けには、日射取得を期待して縦3連続窓が2ヶ所。
南側の和室も、奥まで日射が入るように、
1階半の天井高3Mいっぱいの高さまで、縦2連続窓。
暖房熱源は、施主が販売店でもあることから、プロパンガス(エコジョーズ)。
換気には、調湿可能な換気システムを初めて導入。
はたして冬期の過乾燥対策に効果ありや。

どうしても二間続きの和室が欲しいという要望から出来た、
なかなか魅力的なプランになってます。


 
*

2.


 9月8日
外部仕上げ。


 
外壁仕上げ手前、開口部と防風シート(2次防水)タイベック完了。




玄関ポーチの軒天換気スリット。




一方の内部は、断熱材入れ。
和室1の半吹き抜けの開口部、天井高は3M。


 
その上の書斎コーナーから見る、大黒通し柱と土間吹き抜け。



断熱気密工事の決めて、1・2階間の気密シートと断熱材。



 9月11日
上棟式、無事終了。




9月11日、上棟式が無事終了しました!
親族に囲まれて記念撮影。
「おめでとうございました!」
これからも、よろしくお願いいたします。




 

 
9月15日外部進行状況、玄関ポーチは風除に囲われる。
腰板は、型枠に使用した産直カラマツ。




 
内部状況、外壁断熱工事は、ほぼ完了。

*

 
ボード張り完了。(9月30日)

 
床の間材は、前建物のものを解体前にとっておいたので、うまく再利用。



 
書斎カウンターや下駄箱の造作に着手。(11月7日)




内装仕上げ前の吹き抜け大黒柱廻り。


完成直前の外観。
今年の新聞チラシの広告写真に使用しました。







1.へ戻る

3.


工事レポート一覧に戻る


Home