6月3日がついに来た!
 
2002 FIFA WORLD CAP KOREAJAPAN


札幌ドーム観戦記
イタリア対エクアドル



まず交通規制が厳しいといわれた現場周辺への
アクセスから。
地下鉄だけは、混むと思ってたので
『車』で挑戦。
西区平和で福祉介護施設の打合せを済ませたのが、4時30分頃。
乗っけてってという友達を南2西1の会社で拾ったのが、5時頃。
南1条通りを東に下って南郷通から東北通り北野通りへとさらに下り、
東側の規制のはずれる地図のところの
『ジョイ』で国道36号に向けて右折。
ここで5時半頃。
ここから先は、6月1日に観戦した当社の
KSを送っていってあげた際に視察済み。
1万以上空いた席のたかだか3万ちょっとの観衆のための規制にしては、
過剰なのは見え見え。
様子見がてら、いったん国道36号にでて、
『はんだや』で夕食。
二人で九百円ちょっとのローコスト仕様、それでも満腹、
これなら、切りつめて渡航費を捻出してきた海外観戦組に最高なんじゃないかなと、
思いながら店を出たのが、6時頃。
清田通りまで下って北野通りとぐるっと廻って再び『ジョイ』からはいって、
さらに、その通りからちょっと東にはいった適当なところで
路駐。(地図青■印)
そこから、お巡りさんがいっぱいの中を散歩のつもりで、
『赤』の入場口にむけてあいにくの雨だけど歩きました。(地図赤▼印)
『黄』入場口から入ることが出来れば、非常に楽だったんだけど・・・

 その1・入場まで・・




札幌ドームの象徴的アングル、突き出た展望台、誰かの現代アート、大型モニター、
そして、はげしい雨。
ここに行き着くまでに30分くらいはかかってる。

 
駐車した付近からみた雨もやの向こうに見えるドーム、
と上空を何度も飛んでた取材のヘリ。


 
国道36号線の角は、羊ヶ丘病院、そこからは歩道にびっしりお巡りさん。


 
バス停付近、そろそろ混み合ってきてます。



黄色ゲート専用の入場口、ここから入れると楽なのになんで?


 
地下鉄利用を念頭にした北側のゲート入口側の「サンウェーブ」「ヤナセ」の交差点付近。


 
そして、その1回目の入場チェック場所、ここでは券を見せるだけ。
だんだん雨が激しくなる。


 
やっと、入場できるという頃に、はげしく降り出した雨。
通常はいっぱいある入り口をこんなに絞り込む意味が果たしてあったのか。


 
巨大な面積の屋根からはげしい雨が滝のように落ちてくる。
その滝の中で警備のお巡りさん、実にごくろうさんです。
その雨で飲みきれない側溝はあふれ、水深10Bのプール状態。


 
ゲームコーナーの前もご覧のような状態です。



たぶん、このとき雨は最高潮、下の雨しぶきに注目。
あ〜あ、やっと赤ゲートにイン。

 

続き



関連サイト

http://www.jawoc.or.jp/j/index.html

関連レポート

http://www.tkb2000.co.jp/bunka/machi/dome/1030/sdome.htm
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2001/tokyo/sakka/tokyo3.htm



bunka top