Report 工事レポート

三笠市 A邸

  • 2020.05.18
    Image of 三笠市 A邸 1

    無事上棟し、屋根の施工中

  • 2020.05.14
    Image of 三笠市 A邸 1

    今日は天候にも恵まれて、無事上棟しました。

    4間角の正方形をベースに、

    階段スペースと玄関ポーチの下屋が

    寄り添うプラン。

    Image of 三笠市 A邸 2

    3.5寸勾配の切妻屋根。

    畑と水田が広がるロケーション。

  • 2020.04.30
    Image of 三笠市 A邸 1

    女性見習い大工 1年生

    大引の刻み

    Image of 三笠市 A邸 2

    見習い大工 2年生

    土台の刻み

     

    Image of 三笠市 A邸 3

    ベテラン大工さんから指導を受けながら、

    刻んでいきます。

  • 2020.04.27
    Image of 三笠市 A邸 1

    三笠の加工場にて、墨付け刻みを行っています。

    (在来軸組工法)

    構造材は、大壁で壁の中に隠れるところは、

    寸法の安定性を考慮し、ホワイトウッドの集成材。

    表しで見えるところは、道産カラマツ材の無垢材を用います。

    また一般的には流通しない長い梁(5mオーバー)や、床柱(エンジュの丸太を成形加工します)は、加工場にストックしている材を、棟梁とともに選定しています。

    内装や外装の仕上げ材に関しても、道産材、国産材を主に用いて、

    野暮に見えないよう、品良く仕上げていきたいと考えています。

  • 2020.04.15
    Image of 三笠市 A邸 1

    土間の防湿コンクリート打設

  • 2020.04.08
    Image of 三笠市 A邸 1

    引き続き基礎工事が進んでおります。

     

  • 2020.03.31
    Image of 三笠市 A邸 1

    基礎断熱

    布基礎の内側、外側に断熱材EPS75mmを入れてます。

  • 2020.03.17
    Image of 三笠市 A邸 1

    鉄筋工事まで完了しました。

    Image of 三笠市 A邸 2
  • 2020.04.08
    Image of 三笠市 A邸 1

    三笠市の農家さんの住宅が着工いたします。

    最初にお話しをお伺いしたのが、昨年の春。

    田園風景が広がるこのロケーション、

    裏の山に沈む西日がとてもきれいで、印象的でした。

    建物は4間×4間の正方形に、階段スペース、玄関ポーチ、縁側が下屋で寄り添うプラン。

    水廻りは2階へ持っていき、1階のメインスペースをゆったりと設けてます。

    リビングの開口部は3.64mの木製引き分け戸で、外部空間と繋がります。

    Image of 三笠市 A邸 2

    いよいよ工事スタート。

    まずは遣り方を出して、建物の位置、高さを決めます。

    Image of 三笠市 A邸 3

    PCパイルの打ち込み。