Report 工事レポート

山脇邸及び事務所・A邸新築工事

  • 2024.01.29
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 1

    木造建て方。

    A邸、山脇邸

    A邸は確かな技能をもつ丸三ホクシン建設さんの大工さんに来ていただきました。

    住宅部分の木構造部分も基礎と同様に非常にシンプル。

    普段の住宅より少ない材積での建て方に少し驚きつつも工事はぐいぐい進みます。

     

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 2

    山脇邸母屋の屋根架構はレシプロカル構造

    短い部材で広い面を形成。

    複雑な接合にならないように若井産業のXポイントビスにて接合する設計となっています。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 3

    A邸屋根

    山脇邸と共通仕様で2*12(38*284)で構面を作り、GW 16k 計280mmを充填。

    それに加えてt100の付加断熱を施工します。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 4
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 5
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 6

    アトリエ棟

    鋼管杭に800*800*t210のCLTを乗せてシネジック社のパネリード鋼で下から固定。

    その上に900*180と1000*180の扁平梁を重ねていきます。

    接合はパネリードにて接合。

    施工性が考慮され、とにかくビスをたくさん使います。

     

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 7
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 8
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 9
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 10

    アトリエは構造部分で特殊な要素が盛りだくさん。

    2階床はLVLの合わせ梁による床組み

    RF構面はカラマツ集成による合わせ梁

    それを支える樹状頬杖と柱。

     

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 10

    屋根も変わった形状

    手戻りないように大工で模型を作ります。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 10

    実際の施工の様子。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 13

    A邸ミニ和格子壁。

    下記で乗せている。和格子のミニバージョン

    FIXの樹脂サッシの内側にはめ込みます。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 14
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 15

    アトリエの和格子

    格子状の耐力壁として山脇氏が開発

    道産カラマツを材料として実物大実験も行っています。

    壁倍率が3.0相当とのこと。

    耐力壁と開口部を両立し、意匠性も兼ねています。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 16

    上棟式はセルフで行いました。

    山脇氏、事務所の皆様、A様ご夫妻合同です。

    和気あいあいと釘打ち体験。

    自分の打った釘が建物にそのまま使われることは良い記念になったのかなと思います。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 17

    外壁は全棟カラマツ下見板。

    道産材をふんだんに使用します。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 18
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 18
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 18
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 21

    A邸内装

    ホクシンさんの仕事がどんどん進みます。

    床はナラの無垢材フローリング

    壁はクロス仕上げ

    キッチン・タイルはサンワカンパニー製。

    内部建具は今回はLIXIL既製品

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 22

    山脇邸内装

    壁はルナファーザー

    写真の飾り棚は当社在庫のナラ無垢材

    耳付きの形状がそのまま表れる加工。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 23
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 24

    アトリエ外部

    カラマツ下見板と軒天は構造垂木表しに

    内部の壁は石膏ボード表し。

  • 2024.01.11
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 1

    札幌での新築工事

    設計:山脇克彦(山脇克彦建築構造設計)・大杉崇(Atelier O2 基本設計)・杉山友和(アーカイヴ)・神成健(神成建築計画事務所)

     

    山脇氏の自邸とアトリエ、山脇氏のご親族A様の住宅の工事。

    実質同一敷地内で3棟の工事を施工させていただいています。

    2023年7月にお引渡し済みですが、工事の様子をお知らせします。

    山脇氏の想いが詰まった構造計画、デザインの建物となります。

     

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 2

    基礎工事

    写真はアトリエ棟、鋼管杭を根入れしてそのまま地上に突き出して兼用の柱とします。

    その上に平屋の木造が支持されて1階部分がピロティ形式の駐車場となります。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 3
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 4
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 5

    まずは山脇邸・A邸の掘削~布基礎までを同時進行します。

    今回は札幌の基礎屋さんにお願いします。

    タイヤ式ユンボにてどんどん基礎が進みます。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 5
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 5
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 7
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 7

    住宅の基礎形状はとてもシンプル。
    経済的な設計は施工効率に直結することがよくわかります。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 10

    基礎で特色があるのはアトリエ棟

    鋼管杭を2100を突出させて、平屋を上部に乗せる計画。

    1階部分はピロティとなり、土間床となります。

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 11
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 12
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 13

    アトリエ及び山脇邸自邸のスロープは

    自己治癒コンクリート(バジリスク)を使用。

    特殊なバクテリアなどが入った粉を混ぜています。

    長くなるので詳しい説明は省略しますが、

    打設後にひび割れが入ってもバクテリアが炭酸カルシウムを生成してひび割れを埋めて自己治癒する。不思議なコンクリートです。

    山脇氏はあえて土間の鉄筋量を少なくして自己治癒の経過がわかるようにしています。

     

    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 14
    Image of 山脇邸及び事務所・A邸新築工事 15

    土間打設完了

    基本は金鏝仕上げですが、スロープなど防滑性を求めるところは刷毛引き仕上げ。

    次回は木造部分のレポートです。