Report 工事レポート

湯地Sレストラン新築工事

  • 2021.04.08
    Image of 湯地Sレストラン新築工事 1

    2月の建て方から

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 2

    今回は古材も一部使用しています。

    レストランの中心になり、シンボルとして存在感満載になることと思います。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 2
    Image of 湯地Sレストラン新築工事 2

    大黒柱 ホオノキ

    柱(両サイド) タモ

    梁 セン

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 5

    エントランスの回廊には、カラマツ丸太が立ち並びます。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 6

    今年の雪はとにかく大変でした。

    小屋組建て方の時は暴風雪の危険回避しながらのレッカー作業。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 7

    先張りシート後、水平構面を支える断熱パネル組

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 8

    屋根断熱は高性能GW140mm+140mm+105mm、計385mm。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 9

    外壁断熱は軸間120mm+付加50mm、計170mm

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 10

    内部は入念に隙間無く断熱材充填し、内側からポリフィルム張り。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 11

    今回はレストランとはいえ、兼用住宅としているため、

    いつものJIO躯体防水検査。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 12

    完成は5月末。

    オープンが決定次第、お知らせいたします。

  • 2021.02.12
    Image of 湯地Sレストラン新築工事 1

    昨年までに基礎工事完成。

    それまでは上屋養生の中で作業。

    外の天候に関係なく出来るので、職人さん達は助かります。

     

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 2

    一方、三笠市萱野にある三笠工場では、墨付け手刻み中。

    昨年末から始めてましたが、12月に記録的な降雪量で除雪追われてしまい、作業がなかなか進みませんでした。

    どうにか1月中旬から再開し、小屋梁のカラマツ無垢材の手刻みの様子。

    (材料は瀬上製作所さんの道東産カラマツ無垢材)

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 3

    刻みの出番を待つ社有林から伐採したカラマツ丸太材

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 4

    こちらも刻みの出番を待つ古材(柱はホオノキ、梁材はセン)

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 5

    切り込んだばかりの小屋梁。

    仕口の形が並んでいて美しい。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 6

    現場への出番を待つ刻み完了のカラマツ無垢材

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 7

    大工棟梁の図面と言うべく墨付用手板

    番号は必ず、いろは・・・一二三・・・と番付していきます。

    よく言われる「い」の一番とは、ここからと来てますね。

     

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 8

    2月に入り、ようやく現場へ

    まず除雪して、土台敷の墨出しです。

    いよいよです!

  • 2020.12.14
    Image of 湯地Sレストラン新築工事 1

    11月6日 地鎮祭

    神主さん呼ばず、自分たちで酒、米、塩をもちより祈願しました。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 2

    11月10日 まさかの大雪。

    掘削2日目、敷地一面雪で覆われ除雪からのスタート。

    思わぬ足踏み。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 3

    11月12日

    大雪後はどうなることかと思いましたが、その後快晴に恵まれ捨てコン打設前まで順調にいきました。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 3

    11月12日 捨てコン打設。

    一部はスラブ下のピットとなります。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 3
    Image of 湯地Sレストラン新築工事 6

    11月14日

    基礎配筋中。

    今回の構造設計は山脇氏に依頼。

    山脇氏の指示に従い、忠実に配筋していただきました。

    基礎天端はフック付き。

     

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 7

    11月19日

    ベースコン打設中。

    その日は雨天の予報のため、打設しながらの養生。

     

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 8

    11月19日

    コンクリート養生中。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 9

    11月26日

    型枠工事中。

    スラブが出来上がっている状況。

     

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 10

    11月27日

    今後の雪対策と温度管理のため上屋養生。

    この時期は工程通りに進めるためには必修となります。

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 11

    12月1日

    スラブ配筋中。

    一つ屋根の下での作業。

    天候に左右されず、黙々と配筋していきます。

     

    Image of 湯地Sレストラン新築工事 12

    12月2日

    布・スラブコン打設

    その日完了したのは18時過ぎ。

    ジェットヒーター2台による採暖養生中。